Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第28章 起動オプション

Red Hat Enterprise Linux インストールシステムには、さまざまな機能およびオプションが含まれています。起動オプションを使用するには、linux option プロンプトで boot: と入力します。
グラフィカルブート画面を表示するシステムで boot: プロンプトにアクセスするには、グラフィカルブート画面が表示されます。
複数のオプションを指定する場合は、各オプションをスペース 1 つで区切ります。以下はその例です。
linux option1 option2 option3
注記
Red Hat Enterprise Linux のインストールおよび レスキューディスクは、 レスキューモード で起動するか、インストールシステムを読み込むことができます。レスキューディスクおよびレスキューモードの詳細は、「レスキューモードを使用したコンピューターの起動」 を参照してください。

28.1. ブートメニューによるインストールシステムの設定

起動メニューを使用して、以下のようなインストールシステムの設定を多数指定できます。
  • 言語
  • ディスプレイの解決
  • インターフェースタイプ
  • インストール方法
  • ネットワーク設定

28.1.1. 言語の指定

インストールプロセスと最終システムの両方に言語を設定するには、lang オプションでその言語の ISO コードを指定します。正しいキーボードレイアウトを設定するには、keymap オプションを使用します。
たとえば、ISO コード el_GR および gr は、Greeek 言語と Greek キーボードレイアウトを識別します。
linux lang=el_GR keymap=gr

28.1.2. インターフェースの設定

特定のディスプレイ解像度を使用するには、起動オプションに resolution=設定 を入力します。たとえば、ディスプレイの解像度を 1024×768 に設定するには、次のコマンドを実行します。
linux resolution=1024x768
でインストールプロセスを実行するには、以下を実行します。 テキスト モードの場合は、次のコマンドを入力します。
linux text
サポートを有効にするには、以下を行います。 シリアルコンソール。追加オプションとして serial と入力します。
display=ip:0 を使用して、リモートディスプレイ転送を許可します。このコマンドで、ip を、表示を表示するシステムの IP アドレスに置き換える必要があります。
表示を表示させるシステムで xhost + remotehostname コマンドを実行する必要があります。remotehostname は、元のディスプレイを実行しているホストの名前に置き換えます。xhost +remotehostnameコマンドを使用すると、リモート ディスプレイターミナルへのアクセスを制限し、リモートアクセスを特別に許可していないシステムからのアクセスを許可しません。

28.1.3. anaconda の更新

Red Hat Enterprise Linux は、お使いのインストールメディアで提供されたものよりも新しいバージョンの anaconda インストールプログラムでインストールできます。
起動オプション
linux updates
anaconda 更新を含むディスクイメージを要求するプロンプトを表示します。ネットワークインストールを実行し、サーバーの rhupdates/ に更新イメージの内容を配置している場合は、このオプションを指定する必要はありません。
重要
rhupdates ディレクトリーには、anaconda 更新のみが含まれている必要があります。(エラータ RPM などの)その他のファイルを追加したり、ディレクトリーに多くのコンテンツを配置すると、インストールが失敗することがあります。
代わりに、ネットワーク場所から anaconda 更新を読み込むには、以下を使用します。
linux updates=
次に、更新が保存される場所の URL が続きます。

28.1.4. インストール方法の指定

askmethod オプションを使用して、インストール方法とネットワーク設定を指定できるようにする追加のメニューを表示します。boot: プロンプトで、インストール方法およびネットワーク設定を設定することもできます。
boot: プロンプトからインストール方法を指定するには、repo オプションを使用します。サポートされるインストール方法は、表28.1「インストール方法」 を参照してください。

表28.1 インストール方法

インストール方法 オプションの形式
DVD ドライブ repo=cdrom:device
ハードドライブ repo=hd:device/path
HTTP サーバー repo=http://host/path
HTTPS サーバー repo=https://host/path
FTP サーバー repo=ftp://username:password@host/path
NFS サーバー repo=nfs:server:/path
NFS サーバー上の ISO イメージ repo=nfsiso:server:/path

28.1.5. ネットワーク設定の指定

通常、インストール時にネットワークインターフェースが必要な場合には、anaconda によりネットワークインターフェースの設定が求められます。ただし、以下のように boot: プロンプトでオプションを指定してネットワーク設定を行うことができます。
ip
システムの IP アドレス。
netmask
システムのネットマスク。
gateway
ネットワークゲートウェイの IP アドレス。
dns
DNS サーバーの IP アドレスです。
ksdevice
この設定で使用するネットワークデバイス。
ifname
ネットワークデバイスに割り当てる名前、その後のデバイスの MAC アドレス
これらの設定は、1 つのインターフェースのみを設定している場合でも必要になります。
以下の設定は任意です。
vlanid
指定されたネットワークデバイスの仮想 LAN ID 番号(802.1q タグ)。
nicdelay
ネットワークがアクティブとみなされるまでの遅延。このオプションを使用すると、ゲートウェイが正常に ping されるまで、またはこのパラメーターで指定された秒数が渡されるまで、ネットワークインターフェースの起動後、システムが待機します。これは、実際にリンクが利用可能になる前にリンクが利用可能であると報告する NIC によっては便利です。これにより、(キックスタートファイルのダウンロードなど)ネットワークアクセスが必要な操作が失敗します。このパラメーターの最大値は、NetworkManager で定義される 30 です。値を 30 よりも大きい値を指定すると、オプションは無視されます。
以下の例では、インターフェース eth0 に IP アドレス 192.168.1.10 を使用するインストールシステムのネットワーク設定を設定します。インターフェースの名前は primary で、システムは 5 秒間待機するか、ゲートウェイに ping を実行してから続行します。
linux ip=192.168.1.10 netmask=255.255.255.0 gateway=192.168.1.1 dns=192.168.1.3 ksdevice=eth0 ifname=primary:01:23:45:67:89:ab nicdelay=5
boot: プロンプトでネットワーク設定とネットワークデバイスを指定すると、この設定はインストールプロセスおよびネットワークデバイス、および Configure TCP/IP ダイアログには使用されません。

28.1.5.1. ボンディングインターフェースの設定

ボンディングされたネットワークインターフェースを設定するには、bond オプションを使用します。ボンディングインターフェースに名前を付け、ボンディングするネットワーク接続を指定し、以下の形式で追加オプションを一覧表示します。
linux bond=<bondname>:<bondslaves>:[:<options>]
以下はその例です。
linux bond=bond0:eth0,eth1:mode=active-backup,primary=eth1
利用可能なオプションのパラメーターは、『 Red Hat Enterprise Linux デプロイメントガイド』 の「 『カーネルモジュールの使用』 」の章に記載されています。