Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.3.2. トレースバックメッセージの保存

anaconda でグラフィカルインストールプロセスでエラーが発生すると、クラッシュレポートダイアログボックスが表示されます。

図17.1 クラッシュレポートのダイアログボックス

クラッシュレポートのダイアログボックス
詳細
エラーの詳細を表示します。

図17.2 クラッシュの詳細

クラッシュの詳細
保存
ローカルまたはリモートでエラーの詳細を保存します。
終了
インストールプロセスを終了します。
メインダイアログから Save を選択した場合は、以下のオプションから選択できます。

図17.3 reporter を選択します。

reporter を選択します。
ロガー
指定した場所にあるローカルのハードドライブに、ログファイルとしてエラーの詳細を保存します。
Red Hat Customer Support
サポートが必要な場合は、カスタマーサポートにクラッシュレポートを送信します。
Report uploader
圧縮されたクラッシュレポートバージョンを Bugzilla または選択した URL にアップロードします。
レポートを送信する前に Preferences をクリックし、宛先を指定するか、または認証情報の詳細を提供します。設定する必要のあるレポートメソッドを選択し、Configure Event をクリックします。

図17.4 レポーターの設定

レポーターの設定
ロガー
ログファイルのパスおよびファイル名を指定します。既存のログファイルに追加する場合は、Append を確認してください。

図17.5 ログファイルのローカルパスの指定

ログファイルのローカルパスの指定
Red Hat Customer Support
レポートがカスタマーサポートに到達し、アカウントにリンクされるように、Red Hat Network のユーザー名とパスワードを入力します。URL が事前に入力され、SSL が デフォルトでチェックされます。

図17.6 Red Hat Network 認証の詳細を入力します。

Red Hat Network 認証の詳細を入力します。
Report uploader
圧縮されたクラッシュレポートをアップロードする URL を指定します。

図17.7 クラッシュレポートのアップロードに URL を入力

クラッシュレポートのアップロードに URL を入力
Bugzilla
Bugzilla のユーザー名とパスワードを入力して、クラッシュレポートを使用して Red Hat のバグ追跡システムのバグを失います。URL が事前に入力され、SSL が デフォルトでチェックされます。

図17.8 Bugzilla 認証の詳細を入力します。

Bugzilla 認証の詳細を入力します。
設定を入力したら、OK をクリックしてレポート選択ダイアログに戻ります。問題を報告する方法を選択し、forward をクリックし ます

図17.9 レポートデータの確認

レポートデータの確認
含まれる問題を確認および選択して、レポートをカスタマイズできるようになりました。終了したら、適用 を クリックします。

図17.10 進行中のレポート

進行中のレポート
この画面には、ログの送信または保存時のエラーなど、レポートの結果が表示されます。Forward をクリックして先に進みます。

図17.11 実行されたレポート

実行されたレポート
これでレポートが完了しました。Forward をクリックして、レポート選択ダイアログに戻ります。別のレポートを作成するか、Close をクリックしてレポートユーティリティーを終了し、終了 をクリックしてインストールプロセスを閉じることができます。
重要
この情報は、ヘッドレス IBM System p システムのユーザーには適用されません。