11.3. インストールツール

IBM Installation Toolkit は、Linux のインストールを加速させるオプションツールであり、特に Linux に馴染みのないユーザーに役立ちます。以下を実行するには IBM Installation Toolkit を使用します[5]
  • 仮想化されていない Power Systems サーバー上での Linux のインストールおよび設定。
  • 論理パーティション (LPAR: 仮想化サーバーとしても知られている) が事前に設定されたサーバー上での Linux のインストールおよび設定
  • 新規に、または以前にインストールされた Linux システム上での IBM service and productivity tools のインストール。IBM service and productivity tools には、動的論理パーティション (DLPAR) ユーティリティが含まれます。
  • Power Systems サーバー上でのシステムファームウェアのレベルのアップグレード。
  • 事前にインストールされたシステム上での診断または保守操作の実施。
  • LAMP サーバー (ソフトウェアスタック) とアプリケーションデータの System x から System p システムへの移行。LAMP サーバーはオープンソースソフトウェアのバンドルです。LAMP とは、Linux、Apache HTTP ServerMySQL リレーショナルデータベース、および PHP (Perl または Python) スクリプト言語を総称した頭文字から成る造語です。
PowerLinux の IBM Installation Toolkit についてのドキュメンテーションは Linux Information Center (http://pic.dhe.ibm.com/infocenter/lnxinfo/v3r0m0/index.jsp?topic=%2Fliaan%2Fpowerpack.htm) で参照することができます。
PowerLinux service and productivity tools は、POWER7、POWER6、POWER5、および POWER4 テクノロジーに基づいて IBM サーバー上で実行される Linux オペレーティングシステムに関する、ハードウェアサービス診断の支援プログラム、生産性ツール (productivity tools) およびインストール支援プログラムを含む一連のオプションツールです。
この service and productivity tools についてのドキュメンテーションは Linux Information Center (http://pic.dhe.ibm.com/infocenter/lnxinfo/v3r0m0/index.jsp?topic=%2Fliaau%2Fliaauraskickoff.htm) で参照することができます。


[5] 本セクションのいくつかの部分は IBM のリソース Linux information for IBM systems (http://pic.dhe.ibm.com/infocenter/lnxinfo/v3r0m0/index.jsp?topic=%2Fliaay%2Ftools_overview.htm) でこれまでに公開されたものです。