Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.3.5. 「drive must have a GPT disk label」エラーメッセージ

UEFI システムのシステムに Red Hat Enterprise Linux をインストールし、既存のパーティションレイアウトをブートドライブとして使用する(ブートローダーがインストールされているドライブ)、カスタムのパーティション設定時に以下のエラーメッセージが表示されることがあります。
sda must have a GPT disk label
これは、ブートドライブ(この場合は sda)にマスターブートレコード(MBR)ラベルがありますが、UEFI システムには GUID パーティションテーブル(GPT)ラベルが必要であるためです。したがって、MBR のラベルが設定されたドライブで既存のパーティションレイアウトを再利用することはできません。ディスクのラベルが再設定される必要があります。つまり、新しいパーティションレイアウトを作成し、既存のデータをすべて失います。
この問題を回避するには、パーティショニングストラテジーを選択する画面に戻ります。カスタムのパーティション設定 以外 のオプションを選択します(全スペースの 使用など)Review and modify partitioning layout チェックボックスをチェックして、Next をクリックします。
以下の画面で、必要に応じて自動作成されたレイアウトを変更します。終了して Next をクリックすると、Anaconda はレイアウトを使用し、ドライブを自動的に再ラベル付けします。
また、インストールを開始する前に、キックスタートファイルを使用するか、別のシステムを使用してディスクを再ラベル付けすることで、この問題を解決することもできます。詳しくは、「UEFI システムに MBR があるディスクドライブ」 を参照してください。MBR および GPT に関する詳細情報は、「パーティション: 1 つのドライブの分割」 を参照してください。