Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.3.5. 「drive must have a GPT disk label (ドライブには GPT ディスクラベルを付けてください)」のエラーメッセージ

EFI システムを搭載しているシステムに Red Hat Enterprise Linux をインストールして既存のパーティションレイアウトを持つディスクを起動ドライブ (ブートローダーをインストールするドライブ) として使用すると、カスタムのパーティション設定をしている際に次のようなエラーメッセージが表示される場合があります。
sda must have a GPT disk label (sda には GPT ディスクラベルを付けてください)
UEFI システムが GUID パーティションテーブル (GPT) のラベルを必要としているにも関わらず起動ドライブ (この場合sda ) にマスターブートレコード (MBR) のラベルが付いているとこのようなエラーメッセージが表示されます。MBR のラベルが付いたドライブ上では既存のパーティションレイアウトが使用できないためディスクのラベルを付け直す必要があります。つまり、新しいパーティションレイアウトを作成する必要があるため、既存のデータは全て失われます。
この問題を回避するにはパーティション設定のストラテジーを選択した画面に戻ります。カスタムパーティション設定 以外 のオプションを選択します(すべての領域を使用する など)。 パーティションのレイアウトをレビューまたは修正する のチェックボックスに印を付け をクリックします。
次の画面で自動作成されたレイアウトをニーズに合うよう修正します。修正が終わり をクリックすると、Anaconda によりそのレイアウトが使用され自動的にドライブラベルの付け直しが行われます。
キックスタートファイルを使用する、またはインストール開始前に別のシステムでディスクラベルの付け直しを行うことでこの問題を解決することもできます。詳細は 「UEFI のシステムで MBR のディスクドライブを使用する」 を参照してください。また、MBR および GPT については 「パーティション: 1 つのドライブを複数ドライブにする」 を参照してください。