24.2.2. トレースバックメッセージの保存

グラフィカルインストールプロセス時に anaconda でエラーが発生した場合には、クラッシュレポートのダイアログボックスが表示されます。
クラッシュレポートのダイアログボックス

図24.1 クラッシュレポートのダイアログボックス

詳細
エラーの詳細を表示
クラッシュの詳細

図24.2 クラッシュの詳細

保存
エラーの詳細をローカルまたはリモートで保存
終了
インストールプロセスを終了
メインダイアログから 保存 (Save) を選択すると、以下のようなオプションから選択することができます。
レポーターの選択

図24.3 レポーターの選択

ロガー
エラーの詳細をローカルハードドライブの指定の場所にログファイルとして保存します。
Red Hat カスタマーサポート
カスタマーサポートにクラッシュレポートを送信し、サポートを要請します。
レポートアップローダー
圧縮版のクラッシュレポートを Bugzilla または任意の URL にアップロードします。
レポートを送信する前に、Preferences (設定) をクリックして送信を指定するか、または認証の詳細情報を提供します。設定する必要のある報告メソッドを選択して Configure Event (イベント設定) をクリックします。
レポーターの設定

図24.4 レポーターの設定

ロガー
ログファイルのパスとファイル名を指定します。既存のログファイルを追加する場合には、Append (追記する) にチェックマークを付けます。
ログファイルのローカルパスの指定

図24.5 ログファイルのローカルパスの指定

Red Hat カスタマーサポート
レポートがカスタマーサポートに送信されて自分のアカウントにリンクされるようにするために、Red Hat Network のユーザー名とパスワードを入力します。URL は自動入力され、Verify SSL (SSL を照合する) のオプションはデフォルトでチェックマークが付けられます。
Red Hat Network の認証詳細情報の入力

図24.6 Red Hat Network の認証詳細情報の入力

レポートアップローダー
圧縮版のクラッシュレポートのアップロード先 URL を指定します。
クラッシュレポートのアップロード先 URL の入力

図24.7 クラッシュレポートのアップロード先 URL の入力

Bugzilla
クラッシュレポートを使用して Red Hat のバグ追跡システムにバグ報告を提出するには、Bugzilla のユーザー名とパスワードを入力します。URL は自動入力され、Verify SSL (SSL を照合する) のオプションにはデフォルトでチェックマークが付けられます。
Bugzilla の認証詳細情報の入力

図24.8 Bugzilla の認証詳細情報の入力

設定内容の入力が完了したら、OK をクリックしてレポーター選択ダイアログに戻ります。問題を報告する方法を選択し、Forward (進む) をクリックします。
報告データの確認

図24.9 報告データの確認

報告の対象とする問題にチェックマークを付けたり、報告の対象外とする問題からチェックマークを外したりすることによって、レポートをカスタマイズすることができます。完了したら、Apply (適用) をクリックします。
報告中のレポート

図24.10 報告中のレポート

この画面には、ログの送信や保存におけるエラーを含む、レポートの結果が表示されます。Forward (進む) をクリックして次に進みます。
報告終了

図24.11 報告終了

レポートが完了しました。Forward (進む) をクリックしてレポート選択ダイアログに戻り、別のレポートを作成することができます。またはレポーティングユーティリティを終了するには Close (閉じる) をクリックしてから Exit (終了) をクリックし、インストールプロセスを閉じます。