Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

33.10. インストール前のスクリプト

インストール前のスクリプト

図33.13 インストール前のスクリプト

キックスタートファイルの構文を解析した直後にシステムで実行されるコマンドを追加し、インストールを開始することができます。キックスタートファイルでネットワークを設定している場合、ネットワークはこのセクションが処理される前に有効になります。インストール前のスクリプトを組み込むには、テキストエリアに入力します。

重要

Red Hat Enterprise Linux の以前の各リリース内の anaconda のバージョンには、プレインストールとポストインストールの環境でシェルコマンドを提供する busybox のバージョンが含まれていました。Red Hat Enterprise Linux 6 の anaconda のバージョンには、busybox が含まれておらず、代わりに GNU の bash コマンドが使用されています。
詳細は、付録G busybox コマンドの代替コマンド を参照してください。
スクリプトの実行に使用するスクリプト言語を指定するには、 インタプリタを使うオプションを選択して、その横のテキストボックスにインタプリタを記入します。例えば、Python スクリプトには /usr/bin/python2.6 を指定します。このオプションは、キックスタートファイル内で %pre --interpreter /usr/bin/python2.6 を使用することに相当します。
最も一般的に使用されているコマンドのみが、インストール前の環境で使用可能です。完全なリストについては、「インストール前のスクリプト」 を参照してください。

重要

%pre コマンドは含めないでください。これは自動的に追加されます。

注記

インストール前のスクリプトはソースメディアがマウントされ、ブートローダーの第 2 段階がロードされた後に実行されます。このため、インストール前のスクリプトでソースメディアを変更することはできません。