Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第32章 キックスタートを使ったインストール

32.1. キックスタートを使ったインストールとは

多くのシステム管理者は、マシンに Red Hat Enterprise Linux をインストールするための自動インストール方法を使用することが推奨されます。このニーズに対応するために、Red Hat はキックスタートインストールの方法を作成しました。キックスタートを使用すると、システム管理者は、典型的なインストール時に通常尋ねられるすべての質問への回答を含む 1 つのファイルを作成できます。
キックスタートファイルを 1 つのサーバーに置くことで、インストール時に各コンピューターが読み込むことができます。このインストール方法は、1 つのキックスタートファイルを使用して複数のマシンに Red Hat Enterprise Linux をインストールすることをサポートすることができるため、ネットワークおよびシステム管理者に適しています。
キックスタートは、Red Hat Enterprise Linux のインストールを自動化する方法を提供します。
すべてのキックスタートスクリプトレットと、その実行のログファイルは /tmp ディレクトリーに保存され、インストールの失敗のデバッグに役立ちます。
注記
Anaconda で、NetworkManager でネットワークインターフェースを設定できるようになりました。したがって、以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux の /tmp/netinfo にあるネットワーク設定を参照するキックスタートユーザーは、/etc/sysconfig/network-scriptsifcfg ファイルを読み込む必要があります。