Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

第32章 キックスタートを使ったインストール

32.1. キックスタートを使ったインストールとは

多くのシステム管理者は、管理対象のマシンに Red Hat Enterprise Linux をインストールする際に自動インストールを望むことでしょう。このニーズに応えるために Red Hat は キックスタートインストールという方法を開発しました。キックスタートを使用すると、システム管理者は 標準のインストール時に通常尋ねられるすべての質問への回答が含まれた単一ファイルを作成できます。
キックスタートファイルを単一のサーバーシステムに配置し、インストール時に個々のコンピューターから読み込ませることができます。このインストール方法を使用すると、ひとつのキックスタートファイルで複数マシンへのインストールに対応できるためネットワーク管理者やシステム管理者にとっては理想的な方法になります。
キックスタートで Red Hat Enterprise Linux インストールを自動化する手段を提供します。
キックスタートのスクリプトおよびその実行によるログファイルはすべて /tmp ディレクトリーに格納されるため、インストールに失敗した場合のデバッグに役立てることができます。

注記

Anaconda はネットワークインターフェースの設定に NetworkManager を使用するようになります。このため、Red Hat Enterprise Linux の旧バージョンで /tmp/netinfo のネットワーク設定情報を参照していたキックスタートユーザーはifcfg ファイルについては /etc/sysconfig/network-scripts を参照する必要があります。