Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

24.3.2. ログインを試みる場合の問題

firstboot 画面でユーザーアカウントを作成していない場合は、Ctrl+Alt+F2 を押してコンソールに切り替え、root でログインして root に割り当てたパスワードを使用します。
root パスワードを記憶できない場合は、zipl ブートメニューに起動オプション single を追加し、IPL にカーネルコマンドラインオプションを追加して、システムを 単一 のユーザーモードで起動します。
シングルユーザーモードで起動して # プロンプトにアクセスできるようにしたら、passwd root と入力し、root の新しいパスワードを入力することができます。この時点で shutdown -r と入力して、新しい root パスワードを使用してシステムを再起動できます。
ユーザーアカウントパスワードを記憶できない場合は、root になる必要があります。root になるには、su - と入力し、プロンプトが表示されたら root パスワードを入力します。次に、passwd <username> を入力し ます。これにより、指定したユーザーアカウントに新しいパスワードを入力することができます。
グラフィカルログイン画面が表示されない場合は、ハードウェアに互換性の問題がないか確認してください。『ハードウェアの互換性の一覧』 は、以下を参照してください。
https://hardware.redhat.com/