Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

B.2. スタートアップ時の iSCSI ディスク

ISCSI 関連のイベントがシステム開始時に多くの場所で発生する可能性があります。
  1. initrd 内の init スクリプトは、「/」のために使用される iSCSI ターゲットにログインします (ある場合)。これは iscsistart ユーティリティを使用して実行されます (iscsid を実行しなくても機能します)。
  2. root ファイルシステムがマウントされていて、各種サービスの initscript が実行されると、iscsid initscript が呼び出されます。次に、iSCSI のいずれかのターゲットが「/」のために使用されているか、または iSCSI データベース内のいずれかのターゲットが自動的にログインするようにマークされている場合に、この initscript は iscsid をスタートします。
  3. 旧来のネットワークサービススクリプトが実行された後 (または、有効な場合で実行されている場合)、iscsi initscript が実行されます。ネットワークにアクセスできる場合、iscsi initscript は自動ログインのマークがある iSCSI データベース内のいずれかのターゲットにログインします。ネットワークにアクセスできない場合は、このスクリプトは静かに終了します。
  4. ネットワークにアクセスするために (旧来のネットワークサービススクリプトの代わりに) NetworkManager を使用している場合、NetworkManager が iscsi initscript を呼び出します。/etc/NetworkManager/dispatcher.d/04-iscsi を参照してください。

    重要

    NetworkManager/usr 内にインストールされているため、/usr が iSCSI ターゲットなどのネットワーク付帯のストレージ上にある場合は、これを使用してネットワークアクセスを設定することはできません。
システムの起動時に iscsid が必要とされない場合は自動的には開始されません。iscsiadm を開始すると、今度は iscsiadm によって iscsid が開始されます。