Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

B.2. スタートアップ時の iSCSI ディスク

ISCSI 関連のイベントは、システムの起動時に多数のポイントで発生することがあります。
  1. initrd の init スクリプトは、/ (ある場合)に使用される iSCSI ターゲットにログインします。これは、iscsistart ユーティリティー( iscsid を実行する必要なしに実行できます)を使用して行います。
  2. root ファイルシステムがマウントされ、さまざまなサービスの initscripts が実行されると、iscsid initscript が呼び出されます。iSCSI ターゲットが / に使用されている場合や、iSCSI データベース内のターゲットが自動的にログインされるようにマークされている場合は、このスクリプトは iscsid を起動します。
  3. 従来のネットワークサービススクリプトが実行されたら(または有効化されている場合は実行)、iscsi init スクリプトが実行されます。ネットワークにアクセスできる場合は、自動的にログインできるようにマークされている iSCSI データベースのターゲットにログインします。ネットワークへのアクセスができない場合には、スクリプトは何も表示せずに終了します。
  4. NetworkManager を使用してネットワークにアクセスする場合は(classic network service スクリプトの代わりに)、NetworkManager は iscsi initscript を呼び出します。/etc/NetworkManager/dispatcher.d/04-iscsiを参照してください。
    重要
    NetworkManager/usr にインストールされているので、/usr が iSCSI ターゲットなどのネットワーク接続ストレージにある場合は、ネットワークアクセスを設定することはできません。
システムの起動時に iscsid が必要とされない場合は自動的には開始されません。iscsiadm を開始すると、今度は iscsiadm によって iscsid が開始されます。