Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.3.3. ドライバー更新ディスクの指定に起動オプションを使用する

重要
この方法は、既存のドライバーを更新せずに、完全に新しいドライバーの導入のみを行います。
  1. インストールプロセスの開始時に、起動プロンプトに linux dd入力 し、Enter を押します。インストーラーは、ドライバーディスクがあることを確認するように求められます。

    図6.6 ドライバーディスクプロンプト

    ドライバーディスクプロンプト
  2. CD、DVD、または USB フラッシュドライブで作成したドライバー更新ディスクを挿入し、Yes を選択します。インストーラーは検出できるストレージデバイスを検査します。ドライバーディスクを保持できる場所が 1 つしかない場合(たとえば、インストーラーが DVD ドライブの存在を検出しますが、その他のストレージデバイスはない)、その場所で見つかったドライバー更新が自動的に読み込まれます。
    インストーラーがドライバー更新を保持できる複数の場所を見つけると、更新の場所を指定するように求められます。「ドライバー更新イメージファイルまたはドライバー更新ディスクの場所の指定」を参照してください。