16.3. Linux 仮想コンソールに関する注意事項

この情報はコンソールとしてビデオカードを使用するパーティション設定のない System p システムのユーザーにのみ適用されます。パーティション設定された System p システムのユーザーは 「HMC vterm の使用」 に進んでください。
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムは、インストール中にダイアログボックスを表示するだけではありません。 各種診断メッセージを利用することができる他、 シェルプロンプトでコマンドを入力することもできます。 これらのメッセージはインストールプログラムによって 5 つの 仮想コンソール 上で表示されます。 キーの組み合わせを入力するだけで仮想コンソールを切替えることができます。
仮想コンソールは非グラフィカル環境でのシェルプロンプトであり、 遠隔からではなく実際の物理的なマシンからアクセスします。 複数の仮想コンソールは同時にアクセスすることができます。
これらの仮想コンソールは、 Red Hat Enterprise Linux のインストール中に問題が発生した場合に役に立ちます。インストールコンソールやシステムコンソールに表示されるメッセージは、 問題を特定する上で参考になります。 仮想コンソールの一覧、 仮想コンソール切り替えのためのキー入力、 仮想コンソールが表示する内容などについては 表16.1「コンソール、キー入力、内容」 を参照してください。
インストール関連の問題を診断しようとしている場合を除いては、 一般的にはグラフィカルインストール用のデフォルトコンソール (仮想コンソール #6) から他の仮想コンソールに移動する必要はありません。

表16.1 コンソール、キー入力、内容

コンソールキー入力内容
1ctrl+alt+f1インストールダイアログ
2ctrl+alt+f2シェルプロンプト
3ctrl+alt+f3インストールログ (インストールプログラムから発行されるメッセージ)
4ctrl+alt+f4システム関連メッセージ
5ctrl+alt+f5その他のメッセージ
6ctrl+alt+f6X のグラフィカル表示