Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第13章 IBM POWER システムでのインストール中におけるドライバー更新

ほとんどの場合、 Red Hat Enterprise Linux にはシステムを構成するデバイス用のドライバーが既に含まれています。 しかし、 かなり最近にリリースされたハードウェアが搭載されている場合、 そのハードウェア用のドライバーはまだ含まれていない可能性があります。 新しいデバイスのサポートを提供するドライバー更新が Red Hat やハードウェアの製造元から ドライバーディスク の形で入手できる場合があります。 ドライバーディスクには複数の rpm パッケージ が含まれています。 一般的には、 ドライバーディスクは ISO イメージファイル としてダウンロードすることができます。
インストール中にこうした新しいハードウェアを必要とすることはあまりありません。 例えば、 DVD を使用してローカルのハードドライブにインストールを行なう場合、 ネットワークカード用のドライバーが無くてもインストールは成功します。 このような場合、 まず先にインストールを完了させてから、 そのあと新しいハードウェアのサポートを追加します。 サポートを追加する方法については 「ドライバー更新の rpm パッケージ」 を参照してください。
これ以外で、特定の構成をサポートするためインストール中にデバイス用のドライバーを追加する場合もあります。例えば、システムで使用するストレージデバイスにインストーラーがアクセスできるよう、ネットワークデバイスやストレージアダプターカード用のドライバーをインストールする場合などです。次の 2 種類いずれかの方法で、インストール中にドライバーディスクを使用してサポートを追加することができます。
  1. インストーラーがアクセスできる場所に ISO イメージファイルを配置する
    1. ローカルのハードドライブ上
    2. USB フラッシュドライブ
  2. イメージファイルを以下の場所に抽出してドライバーディスクを作成する
    1. CD
    2. DVD
    ISO イメージファイルを CD または DVD に焼き付ける方法については 「インストール用 DVD の作成」 にあるインストールディスクを作成する方法を参照してください。
インストール中にドライバーの更新が必要であることが Red Hat やハードウェアの製造元、 信頼できるサードパーティーなどによって明示されている場合には、 この章で説明している方法の中からいずれか適したものを選び、 更新を行なってください。 インストールを行なう前に、 更新用のファイルの検証を行なうようにしてください。反対に、システムでドライバー更新が本当に必要であることが分かっている場合以外は、インストール中のドライバー更新は行なわないようにしてください。システム上に意図しないドライバーが存在することでサポートが複雑になる可能性があります。

13.1. インストール中にドライバーの更新を行なう場合の制約

あいにく、特定の状況ではインストール中にドライバーを提供するドライバー更新が使用できないことがあります。
デバイスが既に使用中の場合
インストールプログラムが既にロードしているドライバーを入れ替える為のドライバー更新は使用できません。その代わりに、インストールプログラムがロードしたドライバーでインストールを完了して、インストールの後に新規のドライバーに更新しなければなりません。または、インストールプロセス用に新規のドライバーが必要な場合は、初期 RAM ディスクドライバー更新の実行を 考慮してください。詳細は、「初期 RAM ディスク更新の準備」 でご覧ください
同じタイプのデバイスが複数ある場合
同じタイプのデバイスはすべて一緒に初期化されるため、インストールプログラムによって任意のデバイス用のドライバーが既に読み込まれている場合、 そのデバイスと同じタイプのデバイスのドライバーは更新できません。 例えば、 2 種類のネットワークアダプターがあり、 そのうちの一つにドライバー更新があるとします。 インストールプログラムは両方のアダプターを同時に初期化するため、 このドライバー更新は使用できません。 ここでもまず、インストールプログラムで読み込まれたドライバーでインストールを完了してから、 インストール後に新しいドライバーに更新します。 または、 初期 RAM ディスクドライバーを使った更新を行ないます。