Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.3. インストール方法

最小限の起動用メディアからの起動または askmethod 起動オプションでの起動を行なった場合は、 キーボードの矢印を使用してインストール方法を選択します (図8.4「インストール方法」 を参照)。 選択した方法が強調表示されている状態で Tab キーを押してOK ボタンに移動し、 Enter キーを押して選択を確定します。
インストール方法

図8.4 インストール方法

8.3.1. DVD からのインストール

DVD から Red Hat Enterprise Linux をインストールするには、DVD ドライブに DVD を挿入して、DVD からシステムを起動します。代替のメディアから起動した場合でも DVD メディアから Red Hat Enterprise Linux をインストールすることができます。
次に、 インストールプログラムによりシステムが検査され、 DVD ドライブの認識が試行されます。 IDE (別名 ATAPI) DVD ドライブの検索から開始されます。

注記

この時点でインストールプロセスを中止する場合は、 再起動して起動用メディアを取り出します。 変更をディスクに書き込む 画面の直前までなら、 いつでもインストールを安全に取り消すことができます。 詳細については 「ディスクへの変更の書き込み」 を参照してください。
DVD ドライブが検出されず、 そのドライブが SCSI DVD の場合、 SCSI ドライバーを選択するよう求められます。 使用アダプターに最も近いドライバーを選択します。 必要であればドライバー用のオプションを指定することもできます。 ただし、 ほとんどのドライバーで SCSI アダプターは自動的に検出されます。
DVD ドライブが検出されドライバーが読み込まれると、 DVD でメディアの整合性チェックを行なうオプションが表示されます。 整合性チェックは時間がかかりますので、 この手順は省略することもできます。 ただし、 後でインストーラーに問題が発生した場合は、 サポートチームに連絡する前に、 再起動を行なってメディア整合性チェックを実行してください。 メディア整合性チェックのダイアログから、 インストールの次のステージへと進みます (「Red Hat Enterprise Linux へようこそ」 参照)。