18.3. X11 または VNC でのグラフィカルインターフェース

グラフィカルユーザーインターフェースを使用して anaconda を実行するには、X Window System (X11) サーバーか VNC クライアントがインストール済みのワークステーションを使用します。
SSH クライアントの X11 転送機能を使用するか、X11 を直接使用することができます。X11 サーバーが必要な X11 の拡張をサポートしないためにワークステーションでインストーラーが失敗する場合は、X11 サーバーをアップグレードするか、または VNC を使用する必要がある場合があります。
VNC を使用するには、メインフレームにある Linux インストールシステムへ接続する前に SSH クライアントの X11 転送を無効にするか、またはパラメーターファイル内で vnc パラメーターを指定します。ネットワーク接続が遅いか、または長距離のネットワーク接続の場合には、VNC の使用が推奨されます。「インストールシステムへのリモートアクセスを有効にする」 を参照してください。
表18.1「パラメーターおよび SSH ログインタイプ」 では、使用される anaconda ユーザーインターフェースをパラメーターと SSH ログインタイプが制御する方法を示しています。

表18.1 パラメーターおよび SSH ログインタイプ

パラメーターSSH ログインユーザーインターフェース
なしX11 転送のない SSHVNC またはテキスト
vncX11 転送ありまたはなしの SSHVNC
なしX11 転送ありの SSHX11
display=IP/hostname:displayX11 転送のない SSHX11

18.3.1. X11 転送を使用したインストール

メインフレームにある Linux インストールシステムにワークステーションを接続し、X11 転送機能のある SSH を使用してグラフィカルインストールプログラムを表示することができます。
これには、X11 転送を許可する SSH クライアントが必要です。この接続を開くには、まずワークステーションで X サーバーを開始し、Linux インストールシステムに接続します。接続すると、SSH クライアント内で X11 転送を有効にできます。
例えば OpenSSH では、ワークステーションのターミナルウィンドウに以下を入力します。
ssh -X install@linuxvm.example.com
linuxvm.example.com は、インストールしているシステムのホスト名または IP アドレスで置き換えます。-X オプション (大文字の X) が X11 転送を有効にします。