Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3. X11 または VNC を使用したグラフィカルユーザーインターフェース

グラフィカルユーザーインターフェースで anaconda を実行するには、X11(X11)サーバーまたは VNC クライアントがインストールされているワークステーションを使用します。
SSH クライアントまたは X11 で直接 X11 転送を使用できます。X11 サーバーが必要な X11 拡張機能に対応していないため、ワークステーション上のインストーラーに失敗した場合は、X11 サーバーをアップグレードするか、VNC を使用する必要があります。
VNC を使用するには、フォアグラウンドで Linux インストールシステムに接続する前に SSH クライアントで X11 転送を無効にするか、パラメーターファイルに vnc パラメーターを指定します。低速なネットワーク接続または離れたネットワーク接続には、VNC の使用が推奨されます。「インストールシステムへのリモートアクセスの有効化」 を参照してください。
表18.1「パラメーターおよび SSH ログインタイプ」 パラメーターと SSH ログインタイプがどのように使用されるかを表示します。

表18.1 パラメーターおよび SSH ログインタイプ

Parameter SSH login User interface
none SSH without X11 forwarding VNC or text
vnc SSH with or without X11 forwarding VNC
none SSH with X11 forwarding X11
display=IP/hostname:display SSH without X11 forwarding X11

18.3.1. X11 転送を使用したインストール

ワークステーションは企業上の Linux インストールシステムに接続し、X11 転送で SSH を使用してグラフィカルインストールプログラムを表示できます。
X11 転送を許可する SSH クライアントが必要です。接続を開くには、まずワークステーションで X サーバーを起動します。次に、Linux インストールシステムに接続します。接続時に SSH クライアントで X11 転送を有効にできます。
たとえば、OpenSSH の場合は、ワークステーションのターミナルウィンドウに以下のコマンドを入力します。
ssh -X install@linuxvm.example.com
linuxvm.example.com を、インストールするシステムのホスト名または IP アドレスに置き換えます。-X オプション(大文字の X)は、X11 転送を有効にします。