Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.4.2. グラフィカル環境での起動

X Window System をインストールしていて、システムにログインするとグラフィカルデスクトップ環境が表示されない場合は、startx コマンドを使用して X Window System グラフィカルインターフェースを起動できます。
このコマンドを実行して Enter をクリックすると、グラフィカルデスクトップ環境が表示されます。
ただし、手動による起動はその場限りで、次回からのログインプロセスを変更するわけではないことに注意してください。
グラフィカルログイン画面でログインできるようにシステムを設定するには、ランレベルセクションで 1 つのファイル( /etc/inittab )を編集する必要があります。設定を終えたらコンピューターを再起動します。次回ログイン時に、グラフィカルログインプロンプトが表示されます。
シェルプロンプトを開きます。ユーザーアカウントを使用している場合は、su コマンドを入力して root になります。
次に、以下のコマンドを入力して gedit でファイルを編集します。
gedit /etc/inittab
/etc/inittab ファイルが開きます。最初の画面では、以下のようなファイルのセクションが表示されます。
# Default runlevel. The runlevels used are: 
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this) 
#   1 - Single user mode 
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking) 
#   3 - Full multiuser mode 
#   4 - unused 
#   5 - X11 
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this) 
#
id:3:initdefault:
コンソールからグラフィカルログインに変更するには、id:3:initdefault: 行の番号を 3 から 5 に変更する必要があります。
警告
デフォルト ランレベルの数を 3 から 5 に変更します。
変更した行は以下のようになります。
id:5:initdefault:
変更に問題がなければ、Ctrl+Q キーを使用してファイルを保存して終了します。ウィンドウが表示され、変更を保存するかどうかを尋ねられます。Save をクリックします。
次にシステムを再起動すると、グラフィカルログインプロンプトが表示されます。