E.2.3. GRUB の機能

x86 アーキテクチャー用に使用できる他のブートローダーと比較して GRUB には好まれる機能がいくつか含まれています。重要となる機能の一部をいくつかあげておきます。
  • GRUB は完全にコマンドベースの pre-OS 環境を x86 のマシンで実現します。指定オプションでのオペレーションシステムのロードやシステム情報の収集など最大限の柔軟性を提供します。長年、x86 以外のアーキテクチャーではコマンドラインから起動できる pre-OS 環境が多く起用されてきました。
  • GRUB では Logical Block Addressing (LBA) モードに対応します。LBA はハードドライブのファームウェア内のファイル検索に使用されるアドレス指定の変換を行います。多くの IDE やすべての SCSI ハードデバイスで使用されています。LBA が実用化される前はディスク内の1024 シリンダーヘッド以降のファイル検索ができない BIOS の1024 シリンダー制限にブートローダーが直面する可能性がありました。システムの BIOS で LBA モードに対応する限り、LBA サポートにより GRUB が 1024 シリンダー制限を超えたパーティションからオペレーティングシステムを起動させることができるようになります。最近の BIOS バージョンならほとんど LBA モードに対応しています。
  • GRUB は ext2 パーティションを読み込むことができます。 この機能により GRUB はその設定ファイルである /boot/grub/grub.conf にシステムが起動する度アクセスすることができるため、 設定に変更が加えられた場合でも MBR に新しい第 1 ステージブートローダーを書き込む必要がなくなります。MBR に GRUB を再インストールしなければならないのはディスク上の /boot/ パーティションの物理的な位置が移動した場合のみです。