Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.2.3. GRUB の機能

GRUB には、x86 アーキテクチャーで使用できるその他のブートローダーを好む機能が複数含まれています。以下に、いくつかの重要な機能の一部を示します。
  • GRUB は、x86 マシンで、実際のコマンドベースのOS環境を提供します。この機能により、指定したオプションでオペレーティングシステムを読み込む柔軟性を最大化したり、システムに関する情報を収集することができます。年間、x86 以外のアーキテクチャーの多くは、コマンドラインからシステム起動を可能にするOS前の環境を採用しています。
  • GRUB は、LBA(Logical Block Addressing) モードをサポートします。LBA は、ハードドライブのファームウェアにあるファイルの検索に使用されるアドレス指定変換を配置し、多くの IDE およびすべての SCSI ハードドライブで使用されます。LBA より前は、ブートローダーが 1024 周辺の BIOS の制限に遭遇し、ここで BIOS がディスクの 1024 シリンダーのヘッドの後にファイルを見つけられませんでした。LBA サポートは、システム BIOS が LBA モードに対応している限り、GRUB が 1024-cylinder の制限を超えたパーティションからオペレーティングシステムを起動することができます。最新の BIOS リビジョンは LBA モードに対応しています。
  • GRUB は、ext2 パーティションを読み取ることができます。この機能により、GRUB は設定ファイル /boot/grub/grub.conf にアクセスできます。ユーザーが MBR に GRUB を再インストールする必要があるのは、/boot/ パーティションの物理的な場所がディスク上に移動する場合のみです。