Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.2. ハードドライブのインストール準備

このオプションを使用して、DVD ドライブがないハードウェアシステムに Red Hat Enterprise Linux をインストールします。インストールフェーズ 3 およびパッケージリポジトリーをネットワーク経由でアクセスしない場合は、このオプションを使用します。

19.2.1. ハードドライブでのインストールフェーズ 3 およびパッケージリポジトリーへのアクセス

注記
DASD または FCP 接続の SCSI ストレージを使用したハードドライブのインストールは、ネイティブの ext2、ext3、または ext4 パーティションからのみ機能します。ネイティブ ext2、ext3、ext4(RAID パーティションまたは LVM パーティションに基づくファイルシステム)以外のデバイスに基づいてファイルシステムがある場合は、ハードドライブのインストールを実行するソースとして使用できません。
ハードドライブのインストールは、インストール DVD の ISO イメージ (DVD の正確なコピーが含まれるファイル)と、ISO イメージから抽出した install.img ファイルを使用します。このファイルがハードドライブに存在する場合は、インストールプログラムの起動時にインストールソースとしてハード ドライブ を選択できます。
ハードドライブのインストールでは、以下のファイルを使用します。
  • インストール DVD の ISO イメージ。ISO イメージは、DVD のコンテンツの完全なコピーが含まれるファイルです。
  • ISO イメージから抽出した install.img ファイル
  • 必要に応じて、ISO イメージから抽出した product.img ファイルです。
このファイルがハードドライブに存在する場合は、インストールプログラムの起動時に、インストールソースとしてハード ドライブ を選択できます( 「インストール方法」を参照)。
20章インストーラーの起動(IPL) の説明に従って、ブートメディアが利用可能であることを確認します。
DASD または FCP 接続のデバイスをインストールソースとして準備するには、以下の手順に従います。
  1. Red Hat Enterprise Linux インストール DVD の ISO イメージを取得します( 1章Obtaining Red Hat Enterprise Linuxを参照)。物理メディアに DVD がある場合は、Linux システムで次のコマンドを実行して、そのイメージを作成できます。
    dd if=/dev/dvd of=/path_to_image/name_of_image.iso
    dvd は DVD ドライブデバイスで、name_of_image は作成された ISO イメージファイルに指定し、path_to_image は、生成された ISO イメージが保存されるシステムの場所へのパスになります。
  2. ISO イメージを DASD または SCSI デバイスに転送します。
    ISO ファイルは、インストールフェーズ 1( 21章インストールフェーズ 1: ネットワークデバイスの設定を参照)またはインストールフェーズ 2( 22章Installation Phase 2: 言語およびインストールソースの設定を参照)でアクティベートされるハードドライブに置く必要があります。DASD では、これを自動的に実行できます。
    FCP LUN の場合は、同じ FCP LUN から起動(IPL)するか、インストールフェーズ 1 メニューで提供されるレスキューシェルを使用して、「FCP LUN の動的なアクティベート」 の説明に従って ISO を保持する FCP LUN を手動でアクティベートする必要があります。
  3. SHA256 チェックサムプログラムを使用して、コピーした ISO イメージが削除されていることを確認します。さまざまなオペレーティングシステム用に、多くの SHA256 チェックサムプログラムが利用できます。Linux システムで、以下を実行します。
    $ sha256sum name_of_image.iso
    name_of_image は、ISO イメージファイルの名前です。SHA256 チェックサムプログラムは、ハッシュ と呼ばれる 64 文字の文字列を表示します。このハッシュを、Red Hat カスタマーポータルの Downloads ページにあるこの特定のイメージに対して表示されるハッシュと比較します( 1章Obtaining Red Hat Enterprise Linuxを参照)。2 つのハッシュは同一でなければなりません。
  4. ISO イメージ内の images/ ディレクトリーを、ISO イメージファイルを保存するのと同じディレクトリーにコピーします。以下のコマンドを実行します。
    mount -t iso9660 /path_to_image/name_of_image.iso /mount_point -o loop,ro
    cp -pr /mount_point/images /publicly_available_directory/
    umount /mount_point
    path_to_image は ISO イメージファイルへのパスで、name_of_image は ISO イメージファイルの名前で、mount_point は、イメージからファイルをコピーする間にイメージをマウントするマウントポイントになります。以下はその例です。
    mount -t iso9660 /var/isos/RHEL6.iso /mnt/tmp -o loop,ro
    cp -pr /mnt/tmp/images /var/isos/
    umount /mnt/tmp
    ISO イメージファイルと images/ ディレクトリーが同じディレクトリーに配置されるようになりました。
  5. images/ ディレクトリーに、少なくとも install.img ファイルが含まれており、インストールが続行できないことを確認します。必要に応じて、images/ ディレクトリーに product.img ファイルが含まれている必要があります。このファイルがないと、パッケージグループの選択段階で、最小 インストールのパッケージのみが利用できます( 「パッケージグループの選択」を参照)。
    重要
    install.img および product.imgimages/ ディレクトリーの唯一のファイルである必要があります。
  6. DASD または SCSI LUN を新しい z/VM ゲスト仮想マシンまたは LPAR にアクセスできるようにしてから、インストールを続行します。( 20章インストーラーの起動(IPL)を参照)または 「ハードドライブからインストーラーを起動する準備」 で行います。
注記
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストできます。DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法と連携します。インストールプロセスを開始する前に、すべてのインストールメディアをテストすることが推奨されます。また、インストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることが推奨されます。このテストを使用するには、mediacheck パラメーターをパラメーターファイルに追加します( 「その他のパラメーター」を参照)。

19.2.1.1. ハードドライブからインストーラーを起動する準備

インストールフェーズ 3 とパッケージリポジトリーにアクセスするだけでなく、ハードドライブからインストーラーを起動する(IPL)場合は、オプションで zipl ブートローダーを同じディスク(または別の)ディスクにインストールできます。zipl は、ディスクごとに 1 つのブートレコードのみをサポートすることに注意してください。ディスクに複数のパーティションがある場合は、ディスクの 1 つのブートレコードに「共有」します。
以下では、ハードドライブが /mnt の下にマウントされる 「ハードドライブでのインストールフェーズ 3 およびパッケージリポジトリーへのアクセス」 に記載されていると仮定して、既存のブートレコードを保持する必要はありません。
インストーラーを起動するハードドライブを準備するには、以下のコマンドを入力してハードドライブに zipl ブートローダーをインストールします。
zipl -V -t /mnt/ -i /mnt/images/kernel.img -r /mnt/images/initrd.img -p /mnt/images/generic.prm
zipl.conf の詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 6 の System z Device Drivers、Feature、および Commands の zipl の』 章を参照してください。
警告
ディスクにオペレーティングシステムがインストールされており、後でそれにアクセスする予定がある場合は、zipl ブートローダー( zipl.confに)に新しいエントリーを追加する方法については 『、Red Hat Enterprise Linux 6 上』 の zipl の zipl の章を参照してください。