Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

2.2.2. UEFI ベースのシステム向け最小限の USB 起動用メディア

警告

この手順を実行すると USB フラッシュドライブ上のデータは警告無しに破壊されます。 正しい USB フラッシュドライブを指定していること、 またそのフラッシュドライブには保存しておきたいデータが含まれていないことを必ず確認してください。
Red Hat Enterprise Linux 用に最小限の USB 起動用メディアを作成する場合は、Red Hat Enterprise Linux 6.9 インストール用 DVD の images/ ディレクトリー配下にあるefidisk.img ファイルを使用してください。
  1. 1章Red Hat Enterprise Linux の取得 の手順に従い Red Hat Enterprise Linux 6.9 のインストール用 DVD の ISO イメージファイルをダウンロードします。
  2. root になります。
    su -
  3. ISO イメージファイル用にマウントポイントを作成します。
    # mkdir /mnt/dvdiso
  4. イメージファイルをマウントします。
    # mount DVD.iso /mnt/dvdiso -o loop
    DVD.iso には ISO イメージのファイル名を入力します。 例えば、RHEL6.9-Server-x86_64-DVD.iso などです。
  5. ISO イメージファイル内の efidisk.img を USB フラッシュドライブに転送します。
    # dd if=/mnt/dvdiso/images/efidisk.img of=/dev/device_name
    例を示します。
    # dd if=/mnt/dvdiso/images/efidisk.img of=/dev/sdc

    注記

    イメージファイルをデバイスに書き込む場合は dd コマンドを使用し直接書き込みを行ってください。cp を使ってファイルをコピーしたり、ファイルマネージャーを使ってファイルの転送を行うとデバイスが起動できなくなります。
  6. ISO イメージファイルをアンマウントします。
    # umount /mnt/dvdiso