Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2.2. UEFI ベースのシステム用の最小 USB ブートメディア

警告
この手順を実行すると、USB フラッシュドライブ上のデータは破棄され、警告は表示されません。正しい USB フラッシュドライブを指定して、このフラッシュドライブに保持するデータが含まれていないことを確認してください。
Red Hat Enterprise Linux 用の最小限の USB ブートメディアを作成するには、Red Hat Enterprise Linux 6.9 インストール DVD の images/ ディレクトリーの efidisk.img ファイルを使用します。
  1. 1章Obtaining Red Hat Enterprise Linux の説明に従って、Red Hat Enterprise Linux 6.9 インストール DVD の ISO イメージファイルをダウンロードします。
  2. root にします。
    su -
  3. ISO イメージファイルのマウントポイントを作成します。
    # mkdir /mnt/dvdiso
  4. イメージファイルをマウントします。
    # mount DVD.iso /mnt/dvdiso -o loop
    ここで、DVD.iso は ISO イメージファイルの名前( RHEL6.9-Server-x86_64-DVD.iso など)になります。
  5. ISO イメージファイルから USB フラッシュドライブに efidisk.img を移動します。
    # dd if=/mnt/dvdiso/images/efidisk.img of=/dev/device_name
    以下はその例です。
    # dd if=/mnt/dvdiso/images/efidisk.img of=/dev/sdc
    注記
    dd コマンドを使用して、イメージファイルを直接デバイスに書き込みます。cp を使用してファイルをコピーしたり、ファイルマネージャーを使用してファイルを転送したりすると、デバイスが起動できなくなります。
  6. ISO イメージファイルをアンマウントします。
    # umount /mnt/dvdiso