Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.7. GRUB コマンド

GRUB は、そのコマンドラインインタフェースで多くの便利なコマンドを使用することができます。コマンドの中には、名前の後にオプションを指定できるものがあります。これらのオプションは、その行のコマンドや他のオプションとスペース文字で区切られている必要があります。
以下は、便利なコマンドの一覧です。
  • boot - 最後にロードされたオペレーティングシステムまたはチェーンローダーを起動します。
  • chainloader </path/to/file> - 指定されたファイルをチェーンローダーとしてロードします。ファイルが指定されたパーティションの最初のセクタにある場合、ファイル名の代わりにブロックリスト表記である + 1 を使用します。
    chainloader コマンドの例を以下に示します。
    chainloader +1
  • displaymem - BIOS からの情報に基づいて、現在のメモリー使用量を表示します。これは、システムを起動する前に、そのシステムの RAM の容量を確認するのに便利です。
  • initrd </path/to/initrd> - ブート時に使用する初期 RAM ディスクを指定できるようにします。initrd は、ルートパーティションが ext3 や ext4 ファイルシステムでフォーマットされている場合など、カーネルが正しく起動するために特定のモジュールを必要とする場合に必要です。
    以下は、initrd コマンドの例です。
    initrd /initrd-2.6.8-1.523.img
  • install <stage-1> <install-disk> <stage-2> p config-file - GRUB をシステムの MBR にインストールします。
    • <stage-1> - (hd0,0)/grub/stage1 のように、最初のブートローダーイメージを見つけることができるデバイス、パーティション、ファイルを意味する。
    • <インストールディスク - ステージ 1 ブートローダーをインストールするディスクを (hd0) などで指定します。
    • <stage-2> - (hd0,0)/grub/stage2 のように、ステージ 2 のブートローダーの場所をステージ 1 のブートローダーに渡します。
    • p<コンフィグファイル - このオプションは、インストール コマンドに、(hd0.0)/grub/grub.conf で指定されたメニュー設定ファイルを探すように指示します。<コンフィグファイル (hd0,0)/grub/grub.conf の ようなファイルです。
    警告
    インストール コマンドは、すでに MBR に配置されている情報を上書きします。
  • kernel </path/to/kernel> <option-1> <option-N> ... - オペレーティングシステムのブート時にロードするカーネルファイルを指定します。</path/to/kernel>を root コマンドで指定したパーティションからの絶対パスに置き換えてください。<option-1> を Linux カーネル用のオプションに置き換えると、root=/dev/VolGroup00/LogVol00 のように、システムのルートパーティションがあるデバイスを指定することができます。カーネルに渡すオプションは、スペースで区切られたリストで複数指定できる。
    以下は、カーネル コマンドの例です。
    kernel /vmlinuz-2.6.8-1.523 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    前の例のオプションは、Linux のルートファイルシステムが hda5 パーティションにあることを指定しています。
  • root (<device-type><device-number>,<partition>) - GRUB のルートパーティションを (hd0,0) のように設定し、パーティションをマウントします。
    以下は、root コマンドの例です。
    root (hd0,0)
  • rootnoverify (<device-type><device-number>,<partition>) - root コマンドと同じように GRUB のルートパーティションを設定しますが、パーティションはマウントしません。
その他のコマンドも利用可能です。コマンドの完全なリストは、help --all と 入力してください。すべての GRUB コマンドの説明については、http://www.gnu.org/software/grub/manual/ からオンラインで入手可能なドキュメントを参照してください。