E.7. GRUB コマンド

GRUB では、コマンドラインインターフェースで便利な多くのコマンドを使用することができます。コマンドの中にはコマンド名の後にオプションを受け入れるものもあり、これらのオプションはスペースによって同じ行のコマンドや他のオプションと区別します。
便利なコマンドを以下に示します。
  • boot — オペレーティングシステムを起動するか、または最後にロードされたチェーンローダーを起動します。
  • chainloader </path/to/file> — チェーンローダーとして指定されたファイルをロードします。ファイルが指定されたパーティションの最初のセクタに格納されている場合、ファイル名ではなくブロックリスト表記法の +1 を使用します。
    以下は、chainloader コマンドの例です。
    chainloader +1
  • displaymem — BIOS からの情報に基づき現在のメモリー使用量を表示します。起動前にシステムが有している RAM を確認するのに便利です。
  • initrd </path/to/initrd> — ブート時に使用する初期 RAM ディスクを指定できるようにします。ルートパーティションが ext3 または ext4 ファイルシステムでフォーマットされる時など、カーネルが適切にブートするために特定のモジュールを必要とする場合に initrd が必要となります。
    以下は initrd コマンドの例です。
    initrd /initrd-2.6.8-1.523.img
  • install <stage-1> <install-disk> <stage-2> p config-file — GRUB をシステムの MBR にインストールします。
    • <stage-1> — ステージ 1 ブートローダーイメージがあるデバイス、パーティション、ファイルです、(hd0,0)/grub/stage1 など 。
    • <install-disk> — ステージ 1 ブートローダーのインストール先となるディスクです、(hd0) など。 first boot loader vs stage 1 boot loader
    • <stage-2> — ステージ 1 ブートローダーにステージ 2 ブートローダーの場所を渡します、(hd0,0)/grub/stage2 など。
    • p <config-file><config-file> で指定されているメニュー設定ファイルを検索するよう install コマンドに指示します、(hd0,0)/grub/grub.conf など。

    警告

    install コマンドを実行すると MBR にすでに格納されている情報はすべて上書きされます。
  • kernel </path/to/kernel> <option-1> <option-N> ... — オペレーティングシステムの起動時にロードするカーネルファイルを指定します。</path/to/kernel> には root コマンドで指定されるパーティションからの絶対パスを入れます。<option-1> には、システムの root パーティションがあるデバイスを指定する root=/dev/VolGroup00/LogVol00 などの Linux カーネル用のオプションを入れます。空白で区切ると複数のオプションをカーネルに渡すことができます。
    以下は kernel コマンドの例です。
    kernel /vmlinuz-2.6.8-1.523 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    前の例にあるオプションは Linux の root ファイルシステムが hda5 パーティションに格納されることを指示しています。
  • root (<device-type><device-number>,<partition>) GRUB の root パーティションを設定してマウントします、(hd0,0) など。
    以下は root コマンドの例です。
    root (hd0,0)
  • rootnoverify (<device-type><device-number>,<partition>)root コマンドと同様、 GRUB の root パーティションを設定しますがマウントはしません。
この他にもコマンドがあります。help --all と入力するとコマンドの全一覧を表示します。全 GRUB コマンドの詳細については、オンラインにて http://www.gnu.org/software/grub/manual/ にあるドキュメントを参照してください。