Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.2.2. インストールシステムの VNC リスナーへの接続

インストールシステムを VNC クライアントに自動的に接続するには、最初にクライアントを起動します。 リスニングモード。Red Hat Enterprise Linux システムでは、-listen オプションを使用して vncviewer をリスナーとして実行します。端末ウィンドウで、以下のコマンドを入力します。
vncviewer -listen
注記
デフォルトでは、vncviewer はリッスンモードでは TCP ポート 5500 を使用します。他のシステムからこのポートへの接続を許可するよう、ファイアウォールを設定する必要があります。SystemAdministrationFirewall を選択します。Other ports を選択し、Add を選択します。Port(s) フィールドに 5500 を入力し、Protocoltcp を指定します。
リスニングクライアントがアクティブになったら、boot: プロンプトでインストールシステムを起動して VNC オプションを設定します。vnc および vncpassword オプションの他に、vncconnect オプションを使用してリスニングクライアントを持つシステムの名前または IP アドレスを指定します。リスナーに TCP ポートを指定するには、コロンとポート番号をシステムの名前に追加します。
たとえば、ポート 5500 のシステム desktop.mydomain.com 上の VNC クライアントに接続するには、boot: プロンプトに以下のコマンドを入力します。
linux vnc vncpassword=qwerty vncconnect=desktop.mydomain.com:5500