18.2.4. インストール段階 3

インストール段階 3 では、グラフィカルモード、テキストベース、cmdline モードのいずれかで anaconda を使用します。
  • グラフィカルモード

    これは VNC クライアント (推奨) を介して、または X11 サーバーを介して使用できます。マウスとキーボードを使用して画面を移動し、ボタンをクリックし、フィールドにテキストを入力できます。

  • テキストベースモード

    このインターフェースでは、GUI のインターフェース要素のすべてが提供されるわけではなく、設定のすべてがサポートされるわけでもありません。VNC クライアントまたは X11 サーバーを使用できない場合、対話式インストールにこのインターフェースを使用します。

  • cmdline モード

    これは、System z 上の自動インストール用です (「キックスタートを使ったインストールのパラメーター」 を参照)。

ネットワーク接続が遅い場合や、テキストベースインストールの方がよい場合は、ネットワーク上でログインする時に X11 転送は使用せず、パラメーターファイル内に display= 変数を設定しないようにしてください (「VNC および X11 のパラメーター」 を参照)。Red Hat Enterprise Linux 6.9 では、ユーザーの介入を最小限にするためにテキストベースのインストールは縮小されています。FCP 接続 SCSI デバイスでのインストールやパーティションレイアウトの変更、またはパッケージ選択などの機能はグラフィカルユーザーインターフェースでのみ利用できます。可能な限りグラフィカルインストールを使用してください (23章インストール段階 3: Anaconda を使用したインストール を参照)。