34.5. Kdump

このシステム上で Kdump を使用するかどうかを選択するには、この画面を使用します。Kdump とは、カーネルクラッシュをダンプするメカニズムです。システムクラッシュが発生した際には、Kdump がシステムから情報を収集します。この情報は、クラッシュの原因究明に極めて重要となる可能性があります。
このオプションを選択した場合には、Kdump 用にメモリーを確保する必要があり、そのメモリーは他の目的では使用できなくなる点に注意してください。
Kdump の画面

図34.16 Kdump の画面

このシステムで Kdump を使用しない場合には、Finish (終了) をクリックします。Kdump を使用する場合には、Enable kdump (kdump を有効にしますか) オプションを選択し、Kdump 用に確保するメモリー容量を選択してから、Finish (終了) をクリックします。
Kdump の有効化

図34.17 Kdump の有効化