Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3.2. X11 を使用したインストール

ワークステーション上で X11 クライアントから X11 サーバーに直接接続するには、System z からワークステーションへの IP 接続を必要とします。ネットワークとファイアウォールがこの接続を妨害する場合は、代わりに X11 転送か VNC を使用します。
グラフィカルインストールプログラムでは、DNS とホスト名を正しくセットする必要があり、Linux インストールシステムがディスプレイ上でアプリケーションを開けるようにする必要があります。パラメーターファイルでパラメーターを display=workstationname:0.0 に設定するとこれが確実に行われます。ここでの workstationname は、Linux イメージに接続するクライアントワークステーションのホスト名になります。別の方法では、display 環境変数を設定して、root ユーザーとしてログインした後にローダーを手動で実行します。デフォルトでは、ユーザー install としてログインします。こうすることでローダーが自動的に開始され、display 環境変数の上書きが許可されなくなります。
X11 クライアントがワークステーションの X11 サーバー上でアプリケーションを開けるようにするには、xauth コマンドを使用します。xauth を使用して X11 認証クッキーを管理するには、root ユーザーとして SSH で Linux インストールシステムにログインする必要があります。xauth と認証クッキーの管理方法の詳細については、xauth の man ページを参照してください。
xauth を使用した X11 認証の設定とは対照的に、xhost を使用すると Linux インストールシステムが X11 サーバーに接続できます。
xhost +linuxvm
linuxvm は Linux インストールシステムのホスト名か IP アドレスで置き換えます。これで linuxvm が X11 サーバーに接続できるようになります。
グラフィカルインストールが自動的にスタートしない場合は、パラメーターファイル内の display= 変数の設定をチェックしてください。z/VM 環境でインストールを実行している場合は、インストールを再実行してリーダーに新パラメーター読み込みます。