36.2. Power Systems サーバーでのレスキューモード

システムがブートしない場合に、インストールディスクをレスキューモードで使用することができます。レスキューモードでシステムのディスクパーティションにアクセスすることができるため、インストールを救出するのに必要な変更を行なうことができます。
言語選択の画面 (「言語の選択」) の後で、インストールプログラムがシステム上にディスクパーティションをマウントしようと試みます。その後、必要な変更が実行できるシェルプロンプトが提示されます。これらの変更には、インストール完了セクション (「インストールの完了」) に説明がある通り、カーネルとコマンドラインの IPL ソースへの収納が含まれる場合があります。
変更が完了したら、exit 0 でシェルを終了します。これにより C サイドから再起動になります。A または B サイド、*NWSSTG から再起動するには、シェルを終了する代わりにシステムをオフにしてください。

36.2.1. レスキューモードから SCSI ユーティリティへのアクセスに関する注意事項

システムがネイティブ DASD ディスクを使用する場合、レスキューモードから SCSI ユーティリティにアクセスする必要があるかもしれません。これらのユーティリティはドライバーディスク CD 上にあります。ドライバーディスク CD は、特別な手順を実行しない限りレスキューモードからマウントすることはできません。以下にその手順を説明します。
ご使用の Linux システムに割り当てられている 2 番目の CD-ROM ドライブがある場合、ドライバーディスク CD を 2 番目のドライブにマウントできます。
CD-ROM ドライブが 1 つだけなら、次の手順で NFS ブートを設定する必要があります。
  1. linux rescue askmethod コマンドで CD-ROM から起動します。これにより、CD-ROM ドライブにデフォルト設定する代わりに、レスキューメディアのソースとして手動で NFS を選択できるようになります。
  2. 1 番目のインストールディスクを別の Linux システムのファイルシステムにコピーします。
  3. このインストールディスクのコピーを NFS か FTP から利用できるようにします。
  4. レスキューするシステムをオフにするか、または電源を落します。IPL ソースが IFS で boot.img のコピーを指していること(上記の手順 1) 以外は、その IPL パラメーターをレスキューモードでインストールディスクをブートする方法の説明にある通りに設定します。
  5. インストールディスクが DVD ドライブに入っていないことを確認します。
  6. Linux システムを IPL します。
  7. 「Power Systems サーバーでのレスキューモード」 の説明のとおりプロンプトに従います。インストールソース用の追加のプロンプトが表示されます。NFS か FTP (該当する方) を選択して、次のネットワーク設定画面を終了します。
  8. Linux システムがレスキューモードで起動したら、CD-ROM ドライブが使えるようになり、ドライバメディアをマウントして SCSI ユーティリティにアクセスできます。