Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.15.3. ソフトウェア RAID の作成

注記
System z では、ストレージサブシステムが RAID を透過的に使用します。ソフトウェア RAID を設定する必要はありません。
RAID ( Redundant Array of independent disks)は、複数の ストレージデバイスから設定されており、これによりパフォーマンスが向上し、一部の設定ではより高い耐障害性が得られます。さまざまな種類の RAID の詳細は 、Red Hat Enterprise Linux ストレージ管理ガイド を参照してください。
RAID デバイスを作成するには、まずソフトウェア RAID パーティションを作成する必要があります。2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションを作成したら、RAID を選択して、ソフトウェア RAID パーティションを RAID デバイスに参加させます。
RAID パーティション
ソフトウェア RAID のパーティションを設定するには、このオプションを選択します。このオプションは、ディスクにソフトウェア RAID パーティションが含まれていない場合にのみ使用できます。これは、標準パーティションの追加時に表示されるダイアログと同じです。利用可能なオプションの説明は、「パーティションの追加」 を参照してください。ただし、File System Typeソフトウェア RAIDに設定する必要があることに注意してください。

図23.40 ソフトウェア RAID パーティションの作成

ソフトウェア RAID パーティションの作成
RAID デバイス
既存のソフトウェア RAID パーティションから RAID デバイスを構築する場合は、このオプションを選択します。このオプションは、2 つ以上のソフトウェア RAID パーティションが設定されている場合に使用できます。

図23.41 RAID デバイスの作成

RAID デバイスの作成
標準パーティションのファイルシステムの種類を として選択します。
Anaconda は RAID デバイスの名前を自動的に提案しますが、md0 から md15 への名前を手動で選択できます。
個々のストレージデバイスの横にあるチェックボックスをクリックして、この RAID に含めるか、または削除します。
RAID レベル は、特定タイプの RAID に対応します。次のいずれかのオプションを選択します。
  • RAID 0: 複数のストレージデバイスにデータを分散します。RAID レベル 0 は、標準パーティションでのパフォーマンスを向上させます。複数のデバイスのストレージを 1 つの大きな仮想デバイスにプールするために使用できます。レベル 0 RAIDS は冗長性がなく、アレイ内の 1 つのデバイスに障害が発生してもアレイ全体が破棄されることに注意してください。RAID 0 には少なくとも 2 つの RAID パーティションが必要です。
  • RAID 1: 1 つのストレージデバイス上のデータを、他の 1 つ以上のストレージデバイスにミラーリングします。アレイ内のデバイスを増やすことで冗長レベルを強化します。RAID 1 には少なくとも 2 つの RAID パーティションが必要です。
  • RAID 4: 複数のストレージデバイスにデータを分散しますが、アレイ内の 1 つのデバイスを使用して、アレイ内のデバイスに障害が発生した場合にアレイを保護するパリティー情報を保存します。すべてのパリティー情報が 1 つのデバイスに保存されるため、このデバイスにアクセスすると、アレイのパフォーマンスにボトルネックが生じます。RAID 4 には少なくとも 3 つの RAID パーティションが必要です。
  • RAID 5: データおよびパリティー情報を複数のストレージデバイスに分散します。したがって、RAID レベル 5 は、データを複数のデバイスに分散するパフォーマンス上の利点を提供しますが、パリティー情報もアレイで配布されるため、RAID レベル 4 のパフォーマンスボトルネックは共有しないでください。RAID 5 には少なくとも 3 つの RAID パーティションが必要です。
  • RAID 6: レベル 6 の RAID は レベル 5 RAID と似ていますが、パリティーデータのセットは 1 つだけ格納されるのではなく、2 つのセットを保存します。RAID 6 には少なくとも 4 つの RAID パーティションが必要です。
  • RAID 10: レベル 10 RAID は、ネストされた RAID または ハイブリッド RAID です。RAID レベル 10 は、ミラーリングされているストレージデバイスセットにデータを分散することにより構築されます。たとえば、4 つの RAID パーティションから設定された RAID レベル 10 の RAID は、1 つのパーティションがもう 1 つのパーティションをミラーリングする 2 つのパーティションのペアで設定されます。その後、データは、レベル 0 RAID と同様に、ストレージデバイスのペアに分散されます。RAID 10 には少なくとも 4 つの RAID パーティションが必要です。