Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

26.3. インストール用ネットワークパラメーター

以下のパラメーターを使用すると仮ネットワークを自動的に設定することができます。パラメーターファイルまたは CMS 設定ファイルで定義します。CMS 設定ファイルで使用できるパラメーターはこのセクションに記載されたパラメーターのみです。他のセクションのパラメーターはすべてパラメーターファイル内で指定する必要があります。
NETTYPE="type"
typeqethlcsctc のいずれかにしてください。デフォルトは qeth です。
以下を使用する場合は lcs を選択します。
  • OSA-2 イーサネット/トークンリング
  • 非 QDIO モードの OSA-Express Fast イーサネット
  • 非 QDIO モードの OSA-Express High Speed トークンリング
  • 非 QDIO モードの Gigabit イーサネット
以下を使用する場合は qeth を選択します。
  • OSA-Express Fast イーサネット
  • Gigabit イーサネット (1000Base-T を含む)
  • High Speed トークンリング
  • HiperSockets
  • ATM (イーサネット LAN エミュレーションを実行)
SUBCHANNELS="device_bus_IDs"
bus_IDs にはコンマで区切ったデバイスバス ID を入力します。
各種ネットワークインターフェースにそれぞれ必要なデバイスバス ID を入力します。
qeth: SUBCHANNELS="read_device_bus_id,write_device_bus_id,data_device_bus_id"
lcs or ctc: SUBCHANNELS="read_device_bus_id,write_device_bus_id"
例を示します (qeth SUBCHANNEL ステートメントの例)。
SUBCHANNELS="0.0.f5f0,0.0.f5f1,0.0.f5f2"
PORTNAME="osa_portname" , PORTNAME="lcs_portnumber"
この変数は qdio モードまたは non-qdio モードで動作する OSA デバイスに対応します。
qdio モード (NETTYPE="qeth")を使用する場合、qeth モードで動作している OSA デバイス上で指定するポート名は osa_portname です。
non-qdio モード (NETTYPE="lcs") を使用する場合は lcs_portnumber を使って 0 から 15 の整数で適切なポート番号を渡します。
PORTNO="portnumber"
CMS 設定ファイルに PORTNO="0" (ポート 0 を使用) または PORTNO="1" (CHPID ごとポートが 2 つある OSA 機能のポート 1 を使用) のいずれかを追加すると、モード入力が要求されなくなります。
LAYER2="value"
value0 または 1 になります。
レイヤー 3 モードで OSA または HiperSocket を動作させる場合は LAYER2="0" を使用します。レイヤー 2 モードの場合は LAYER2="1" を使用します。z/VM 環境の仮想ネットワークデバイスの場合、この設定はデバイスを接続させる GuestLAN または VSWITCH の定義と同じにしてください。
DHCP などレイヤー 2 (Data Link Layer またはその MAC サブレイヤー) で動作するネットワークサービスを使用する場合はレイヤー 2 モードを選択するとよいでしょう。
OSA デバイス用の qeth デバイスドライバーのデフォルトがレイヤー 2 モードになります。以前デフォルトだったレイヤー 3 モードを引き続き使用する場合は LAYER2="0" を明示的に設定してください。
VSWITCH="value"
value0 または 1 になります。
z/VM VSWITCH または GuestLAN に接続する場合は VSWITCH="1" を指定します。実際の OSA または実際の HiperSocket を直接接続して使用する場合は VSWITCH="0" を指定します (または何も指定しない)。
MACADDR="MAC_address"
LAYER2="1"VSWITCH="0" を指定している場合はこのパラメーターを使って MAC アドレスを指定することもできます。Linux では小文字と 16 進数の組み合わせをコロンで区切った 6 つのオクテット形式が必要とされます (MACADDR=62:a3:18:e7:bc:5f など)。z/VM で使用される表記とは異なります。
LAYER2="1"VSWITCH="1" を指定する場合は MACADDR は指定しないでください。レイヤー 2 モードの場合、z/VM により固有の MAC アドレスが仮想ネットワークデバイスに割り当てられます。
CTCPROT="value"
value013 のいずれかになります。
NETTYPE="ctc" の CTC プロトコルを指定します。デフォルトは 0 です。
HOSTNAME="string"
string は新たにインストールした Linux インスタンスのホスト名を入力します。
IPADDR="IP"
IP は新しい Linux インスタンスの IP アドレスを入力します。
NETMASK="netmask"
netmask はネットマスクです。
IPv4 CIDR (クラスレス相互ドメインルーティング) で規定されているようにネットマスクではプレフィックスの整数 (1 から 32) の構文に対応しています。例えば、255.255.255.0 の代わりに 24 を指定したり、255.255.240.0 の代わりに 20 を指定することができます。
GATEWAY="gw"
gw はこのネットワークデバイスのゲートウェイ IP アドレスを入力します。
MTU="mtu"
mtu はこのネットワークデバイスの Maximum Transmission Unit (MTU) を入力します。
DNS="server1:server2:additional_server_terms:serverN"
"server1:server2:additional_server_terms:serverN" はコロンで区切った DNS サーバーの一覧です。例を示します。
DNS="10.1.2.3:10.3.2.1"
SEARCHDNS="domain1:domain2:additional_dns_terms:domainN"
"domain1:domain2:additional_dns_terms:domainN" はコロンで区切った検索ドメインの一覧です。例を示します。
SEARCHDNS="subdomain.domain:domain"
SEARCHDNS= の指定が必要となるのは DNS= パラメーターを使用する場合のみです。
DASD=
インストールで設定する DASD または DASD の範囲を定義します。この構文の詳細については 『Linux on System z Device Drivers, Features, and Commands on Red Hat Enterprise Linux 6』 の DASD デバイスドライバーに関する章で説明されている dasd_mod デバイスドライバーモジュールオプションを参照してください。
Linuxrc は複数のデバイスバス IDやオプション属性の rodiagerplogfailfast などを持たせたデバイスバス ID の範囲をコンマで区切った一覧に対応しています。また、オプションでデバイスバス ID は先頭のゼロを除いたデバイス番号に短縮することもできます。オプションの属性がある場合はコロンで区切りカッコで括り、デバイスバス ID またはデバイスバス ID の範囲の後に付けます。
対応しているグローバルオプションは autodetect のみになります。後で追加する予定の DASD 用にカーネルデバイス名を確保しておくため存在しない DASD を設定する仕様には対応していません。将来的なディスクの追加を見越して、DASD デバイス名には永続性のあるデバイス名を使用してください (/dev/disk/by-path/... など)。probeonlynopavnofcx などの他のグローバルオプションは linuxrc では対応していません。
システムに実際にインストールする必要がある DASD だけ指定してください。ここに記載した DASD でフォーマットされていないものはすべて後でインストーラーによって確認された後、フォーマットする必要があります (「DASD の低レベルフォーマット」 を参照)。「root ファイルシステムの一部を構成しない DASD」 で説明しているように root ファイルシステムや /boot パーティションに必要のない データ DASD についてはインストール終了後に追加してください。
FCP のみの環境の場合は DASD="none" を指定します。
例を示します。
DASD="eb1c,0.0.a000-0.0.a003,eb10-eb14(diag),0.0.ab1c(ro:diag)"
FCP_n="device_bus_ID WWPN FCP_LUN"
  • 通常、n は整数値になりますが (FCP_1FCP_2 など)、アルファベット、数字、下線などを使った文字列でも構いません。
  • device_bus_ID には HBA (ホストバスアダプター) (デバイス fc00 なら 0.0.fc00 など) を表す FCP デバイスのデバイスバス ID を指定します。
  • WWPN はルーティングに使用される世界共通のポート名です (マルチパスと併用されることが多い)。16 桁の 16 進数の値になります (0x50050763050b073d など)。
  • FCP_LUN はストレージの論理ユニット識別子を指し、16 桁の 16 進数の右側にゼロを加えた値で指定します (0x4020400100000000 など)。
この変数は FCP デバイスのあるシステムで SCSI ディスクなどの FCP LUN を有効にする場合に使用できます。追加の FCP LUN は対話式インストールまたはキックスタートファイルを使ったインストールで有効にすることができます。linuxrc の場合は対話式による FCP の設定はありません。設定例を以下に示します。
FCP_1="0.0.fc00 0x50050763050b073d 0x4020400100000000"

重要

FCP パラメーターで使用する各値は (FCP_1FCP_2 など) サイト固有となるため通常は FCP ストレージ管理者から提供されます。
FCP_n 以外、必須のパラメーターがパラメーターや設定ファイル内に記載されていない場合は、インストールプログラムにより入力が求められます。