Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.4. ドライバー更新イメージファイルまたはドライバー更新ディスクの場所の指定

インストーラーが、ドライバー更新を保持できる複数のデバイスを検出すると、正しいデバイスを選択するように求められます。ドライバー更新の保存先のデバイスを表すオプションが不明な場合は、正しいオプションを見つけるまで、さまざまなオプションを試してください。

図6.7 ドライバーディスクソースの選択

ドライバーディスクソースの選択
選択したデバイスに適切な更新メディアが含まれていない場合、インストーラーは別の選択を促します。
CD、DVD、または USB フラッシュドライブにドライバー更新ディスクを行うと、インストーラーはドライバーの更新を読み込むようになりました。ただし、選択したデバイスが複数のパーティションを含むことができるデバイスのタイプである場合(現在複数のパーティションがあるかどうかに関係なく)、インストーラーはドライバー更新を保持するパーティションを選択するように求める場合があります。

図6.8 ドライバーディスクパーティションの選択

ドライバーディスクパーティションの選択
インストーラーは、ドライバーの更新が含まれるファイルを指定するよう要求します。

図6.9 ISO イメージの選択

ISO イメージの選択
ドライバー更新を内部ハードドライブまたは USB ストレージデバイスに保存した場合、これらの画面が表示されます。ドライバーの更新が CD または DVD にある場合は、表示されないはずです。
イメージファイルまたはドライバー更新ディスクのどちらの形式でドライバーの更新を提供しているかにかかわらず、インストーラーは適切な更新ファイルを一時的なストレージ領域(ディスク上ではなく)にコピーするようになりました。インストーラーは、追加のドライバー更新を使用するかどうかを尋ねる場合があります。Yes を選択すると、追加の更新が順番にロードされます。読み込むドライバーの更新がない場合は、No を選択します。ドライバー更新をリムーバブルメディアに保存した場合、ディスクまたはデバイスを安全に取り出しまたは切断できるようになりました。インストーラーはドライバーの更新を必要としなくなり、他の目的でメディアを再利用できます。