第2章 メディアの作成

以下のようなタイプのインストール用メディアおよび起動用メディアを作成する場合は、本セクションの説明にしたがいます。
  • インストール用 DVD
  • インストーラーを起動させる最小限の起動用 CD または DVD
  • インストーラーを起動させる USB フラッシュドライブ

2.1. インストール用 DVD の作成

インストール用 DVD はお使いのコンピューターにインストールされている CD / DVD 書き込みソフトウェアを使用して作成します。
まず搭載されているディスク書き込みソフトウェアでイメージファイルをディスクに書き込みことができるかどうか確認してください。ほとんどのソフトウェアで行うことができるはずですが、例外となるソフトウェアも存在します。特に、Windows XP と Windows Vista に搭載されているディスク書き込み機能では DVD への書き込みはできません。また Windows XP および Windows Vista より旧式の Windows オペレーティングシステムの場合はディスクへの書き込みを行うような機能がデフォルトでは搭載されていません。つまり、Windows 7 より旧式の Windows オペレーティングシステムをインストールしている場合にはディスクへの書き込みを行うためのソフトウェアが別途必要になります。Nero Burning ROMRoxio Creator などの書き込みソフトウェアは Windows 対応で一般的なソフトウェアになるため、お使いのコンピューターにすでにインストールされている場合もあります。
Linux 対応として最も広範囲に使用されているディスク書き込みソフトウェアの BraseroK3b には ISO イメージファイルをディスクに書き込むことができる機能が搭載されています。
ISO イメージファイルから DVD を作成するための具体的な手順は、オペレーティングシステムやインストールされているディスク書き込みソフトなどによりコンピューターごとに大きく異なります。DVD 書き込みに関する詳細情報については、ご使用のディスク書き込みソフトウェアの説明書を参照してください。