Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

33.4. パーティション情報

パーティション情報

図33.4 パーティション情報

マスターブートレコード(MBR)をクリアするかどうか選択します。すべての既存パーティションを削除、既存のすべての Linuxパーティションを削除、または既存のパーティションを維持、の中のいずれかを選択します。
システムのアーキテクチャー用のデフォルトに対してディスクラベル (例えば、x86 用の msdos) を初期化するには、新品のハードドライブにインストールする場合に、ディスクラベルを初期化を選択します。

注記

anacondakickstart は LVM (Logical Volume Management) をサポートしますが、現時点では、 Kickstart Configurator を使用して LVM を設定する仕組みはありません。

33.4.1. パーティションの作成

パーティションを作成するには、追加ボタンをクリックします。図33.5「パーティションの作成」 に示されているパーティションオプション ウィンドウが表示されます。マウントポイント、ファイルシステムタイプ、新規パーティションのパーティションサイズを選択します。オプションとして、以下の項目も選択可能です。
  • 追加サイズオプションのセクションでは、パーティションを「固定サイズ」、「指定サイズまで増加」、または「ディスク上のすべての未使用領域を埋める」のいずれかで作成します。スワップをファイルシステムとして選択すると、指定サイズのスワップではなく、推奨サイズのスワップパーティションをインストールプログラムで作成することができます。
  • パーティションを強制的にプライマリパーティションとして作成
  • 指定したハードドライブにパーティションを作成する。例えば、最初の IDE ハードディスク(/dev/hda) にパーティションを作成するには、ドライブとして hda を指定します。ドライブ名に /dev を含めないでください。
  • 既存のパーティションを使用する。例えば、最初の IDE ハードドライブ上で 1 番目のパーティション(/dev/hda1) にパーティションを作成するには、パーティションとして hda1 を指定します。パーティション名に /dev を含めないでください。
  • 選択されたファイルシステムタイプとしてフォーマットする。
パーティションの作成

図33.5 パーティションの作成

既存のパーティションを編集するには、リストからそのパーティションを選択して、編集ボタンをクリックします。図33.5「パーティションの作成」が示すように、選択したパーティションの値が反映すること以外は、パーティションの追加を選択する時と同じパーティションオプション画面が表示されます。パーティションオプションを修正して OK をクリックします。
既存のパーティションを削除するには、リストからそのパーティションを選択し、削除ボタンをクリックします。

33.4.1.1. ソフトウェア RAID パーティションの作成

ソフトウェア RAID パーティションを作成するには、以下の手順に従います。
  1. RAID ボタンをクリックします。
  2. ソフトウェア RAID パーティションの作成を選択します。
  3. ソフトウェア RAID をファイルシステムタイプとして選択する以外は、前述のようにパーティションを設定します。また、パーティションを作成するハードドライブを指定するか、または使用する既存パーティションを指定する必要があります。
ソフトウェア RAIDパーティションの作成

図33.6 ソフトウェア RAIDパーティションの作成

これらの手順を繰り返して、RAID 設定に必要な数だけパーティションを作成します。すべてのパーティションが RAID パーティションである必要はありません。
RAID デバイスの構成に必要なパーティションをすべて作成し終った後は、次の手順に従います。
  1. RAID ボタンをクリックします。
  2. RAID デバイスの作成を選択します。
  3. マウントポイント、ファイルシステムタイプ、RAID デバイス名、RAID レベル、RAIDメンバー、ソフトウェア RAID デバイス用のスペアの数、および RAID デバイスをフォーマットするかどうかを選択します。
    ソフトウェア RAID デバイスの作成

    図33.7 ソフトウェア RAID デバイスの作成

  4. OK をクリックしてリストにデバイスを追加します。