Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

F.2.3. カーネル

カーネルがロードされると、直ちにコンピューターのメモリーを初期化して設定し、すべてのプロセッサー、I/O サブシステム、ストレージデバイスなど、システムに接続されているさまざまなハードウェアを設定する。そして、圧縮された initramfs イメージをメモリー上の所定の場所に探し、/sysroot/ に直接解凍し、必要なドライバーをすべてロードします。次に、LVM やソフトウェア RAID など、ファイルシステムに関連する仮想デバイスを初期化し、initramfs の プロセスを完了させて、ディスクイメージが占有していたメモリーをすべて解放する。
その後、カーネルはルートデバイスを作成し、ルートパーティションを読み取り専用にマウントし、未使用のメモリーを解放します。
この時点で、カーネルはメモリーにロードされ、動作可能になる。しかし、システムに意味のある入力ができるユーザーアプリケーションがないため、システムでできることは多くありません。
ユーザー環境を整えるために、カーネルは /sbin/init プログラムを実行します。