Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.7. インストール後のスクリプト

インストールが完了したら、システムで実行するコマンドを追加するオプションがあります。このセクションは、「キックスタートオプション」 で説明されているキックスタートコマンドの後にキックスタートファイルの最後に置かれ、%post コマンドで開始し、%end コマンドで終了する必要があります。キックスタートファイルに %pre セクションも含まれる場合は、%pre セクションおよび %post セクションの順序は重要ではありません。設定ファイルの例については、「キックスタートの例」 を参照してください。
本セクションは、追加のソフトウェアのインストールや、追加のネームサーバーの設定などの機能に便利です。
注記
ネットワークにネームサーバーを含む静的 IP 情報を設定した場合は、ネットワークにアクセスして、%post セクションで IP アドレスを解決できます。ネットワークを DHCP 用に設定している場合、インストールが %post セクションを実行すると、/etc/resolv.conf ファイルは完了しません。ネットワークにはアクセスできますが、IP アドレスは解決できません。したがって、DHCP を使用している場合は、%post セクションに IP アドレスを指定する必要があります。
注記
インストール後のスクリプトは chroot 環境で実行するため、インストールメディアからスクリプトや RPM をコピーするなどのタスクを実行することはできません。
--nochroot
chroot 環境外で実行するコマンドを指定できます。
以下の例では、ファイル /etc/resolv.conf をインストールされたばかりのファイルシステムにコピーします。
%post --nochroot
cp /etc/resolv.conf /mnt/sysimage/etc/resolv.conf
--interpreter /usr/bin/python
Python などの別のスクリプト言語を指定できます。/usr/bin/python は、任意のスクリプト言語に置き換えます。
--log /path/to/logfile
インストール後のスクリプトの出力をログに記録します。ログファイルのパスは、--nochroot オプションを使用しているかどうかを考慮に入れる必要があることに注意してください。--nochroot がない場合の例を示します。
%post --log=/root/ks-post.log
--nochroot:
%post --nochroot --log=/mnt/sysimage/root/ks-post.log