32.7. インストール後のスクリプト

インストール完了後にシステムで実行するコマンドを追加するオプションがあります。このセクションは 「キックスタートのオプション」 の説明にあるように、キックスタートコマンドの後でキックスタートファイルの最後に配置する必要があります。また、%post コマンドで開始し、%end コマンドで終了する必要があります。キックスタートファイルに %pre セクションも含まれる場合は、%pre および %post セクションの順番は重要ではありません。設定ファイルの例については、「キックスタートの例」 を参照してください。
このセクションは、追加のソフトウェアをインストールする場合や、追加のネームサーバーを設定する場合に役立ちます。

注記

ネームサーバーを含め、ネットワークを静的 IP 情報で設定した場合は、ネットワークにアクセスして、%post セクション内で IP アドレスを解決できます。ネットワークを DHCP 用に設定した場合は、インストールが %post セクションを実行する時点では、 /etc/resolv.conf ファイルが完了していませんので ネットワークにアクセスできますが、IP アドレスは解決できません。そのため、DHCP を使用する場合も、%post セクションに IP アドレスを指定する必要があります。

注記

インストール後のスクリプトは chroot 環境で実行されることに注意してください。したがって、インストールメディアからスクリプトや RPM をコピーするなどの作業を実行することはできません。
--nochroot
chroot 環境外で実行するコマンドを指定することができます。
以下の例では、ファイル /etc/resolv.conf をインストールされたばかりのファイルシステムにコピーします。
%post --nochroot
cp /etc/resolv.conf /mnt/sysimage/etc/resolv.conf
--interpreter /usr/bin/python
Python などの異なるスクリプト言語を指定できます。 /usr/bin/python を目的のスクリプト言語に入れ換えます。
--log /path/to/logfile
インストール後スクリプトの出力をログに記録します。ログファイルのパスは、ユーザーが --nochroot オプションを使用するかどうかを考慮に入れる必要があることに注意してください。例えば、--nochroot なしでは以下のようになります。
%post --log=/root/ks-post.log
--nochroot がある場合は以下のようになります。
%post --nochroot --log=/mnt/sysimage/root/ks-post.log