Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録H その他のテクニカルドキュメント

Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムの anaconda についての詳細は、以下のプロジェクト Web ページをご覧ください。https://fedoraproject.org/wiki/Anaconda.
anaconda と Red Hat Enterprise Linux システムはどちらも共通のソフトウェアコンポーネントを使用します。主要な技術についての詳細は、以下に記載の Web サイトを参照してください。
ブートローダー
Red Hat Enterprise Linux は GRUB ブートローダーを使用します。詳細は、http://www.gnu.org/software/grub/ を参照してください。
ディスクのパーティション設定
Red Hat Enterprise Linux は parted を使用してディスクのパーティションを設定します。詳細は、http://www.gnu.org/software/parted/ を参照してください。
ストレージ管理
LVM (Logical Volume Management) は、ストレージ管理のための様々な機能を管理者に提供します。Red Hat Enterprise Linux インストールプロセスはデフォルトで、ドライブを LVM ボリュームとしてフォーマットします。詳細は、http://www.tldp.org/HOWTO/LVM-HOWTO/ を参照してください。
音声サポート
Red Hat Enterprise Linux で使用される Linux カーネルは PulseAudio オーディオサーバーを取り入れています。PulseAudio についての詳細は、以下のプロジェクトのドキュメントを参照してください。http://www.freedesktop.org/wiki/Software/PulseAudio/Documentation/User/
グラフィックシステム
インストールシステムと Red Hat Enterprise Linux は、どちらも Xorg スイートを使用してグラフィカル機能を提供します。Xorg のコンポーネントがユーザーが操作するデスクトップ環境用にディスプレイ、キーボード、およびマウスを管理します。詳細は、http://www.x.org/ を参照してください。
リモートディスプレイ
Red Hat Enterprise Linux および anaconda には、グラフィカルディスプレイへのリモートアクセスを可能にする VNC (Virtual Network Computing) ソフトウェアが搭載されています。VNC についての詳細は、RealVNC Web サイト (http://www.realvnc.com/support/documentation.html) に掲載されている文書を参照してください。
コマンドラインインターフェース
デフォルトで、Red Hat Enterprise Linux は GNU bash シェルを使用してコマンドラインインターフェースを提供します。GNU コアユーティリティはコマンド環境に必要なものすべてを提供します。bash についての詳細は、http://www.gnu.org/software/bash/bash.html を参照してください。GNU コアユーティリティについての詳細は、http://www.gnu.org/software/coreutils/ を参照してください。
リモートシステムアクセス
Red Hat Enterprise Linux は、 OpenSSH スイートを組み込むことで、システムへのリモートアクセスを提供します。SSH サービスは多くの機能を有効にします。これらの機能には、他のシステムからのコマンドラインへのアクセス、リモートコマンドの実行、およびネットワークファイル転送が含まれます。インストールプロセス時に、anaconda は OpenSSH の scp 機能を使用してクラッシュレポートをリモートシステムに転送できます。詳細は、以下の OpenSSH の Web サイトを参照してください。http://www.openssh.com/
アクセス制御
SELinux は標準の Linux セキュリティ機能を補強する MAC (強制アクセス制御) 機能を提供します。詳細は、以下の SELinux のプロジェクトページを参照してください。http://www.nsa.gov/research/selinux/index.shtml
ファイアウォール
Red Hat Enterprise Linux で使用される Linux カーネルは netfilter フレームワークを組み込むことで、 ファイアウォール機能を提供します。以下の Netfilter プロジェクト Web サイトは、netfilteriptables の両方の管理機能についてのドキュメントを提供しています。http://netfilter.org/documentation/index.html
ソフトウェアのインストール
Red Hat Enterprise Linux は yum を使用して、システムを構成する RPM パッケージを管理します。詳細は、http://yum.baseurl.org/ を参照してください。
仮想化
仮想化により、同一コンピューター上で複数のオペレーティングシステムを同時に実行することができます。また、Red Hat Enterprise Linux には、Red Hat Enterprise Linux ホスト上の 2 次システムをインストールし、管理するツールも含まれています。仮想化のサポートは、インストール時またはその後いつでも選択することができます。詳細情報は、 『Red Hat Enterprise Linux 仮想化ガイド』 (https://access.redhat.com/documentation/en/red-hat-enterprise-linux/ で入手可能) を参照してください。