Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録H その他のテクニカルドキュメント

詳細情報 Anaconda (Red Hat Enterprise Linux インストールプログラム)は、プロジェクトの Web ページ にアクセスし https://fedoraproject.org/wiki/Anaconda ます。
anaconda システムおよび Red Hat Enterprise Linux システムは、共通のソフトウェアコンポーネントのセットを使用します。主なテクノロジーの詳細は、以下の Web サイトを参照してください。
ブートローダー
Red Hat Enterprise Linux では GRUB ブートローダー。詳細は、を参照し http://www.gnu.org/software/grub/ てください。
ディスクパーティション設定
Red Hat Enterprise Linux は parted を使用してディスクを分割します。詳細は、を参照し http://www.gnu.org/software/parted/ てください。
ストレージ管理
論理ボリューム管理 (LVM) では、管理者に対してさまざまなストレージ管理機能を提供します。デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux インストールプロセスはドライブを LVM ボリュームとしてフォーマットします。詳細は、を参照し http://www.tldp.org/HOWTO/LVM-HOWTO/ てください。
オーディオサポート
Red Hat Enterprise Linux で使用される Linux カーネルには、 pulseaudio オーディオサーバー。PulseAudio の詳細は、プロジェクトドキュメント を参照し http://www.freedesktop.org/wiki/Software/PulseAudio/Documentation/User/ てください。
グラフィックシステム
インストールシステムと Red Hat Enterprise Linux の両方には、 Xorg スイート:グラフィカル機能を提供します。Xorg のコンポーネントは、ユーザーが対話するデスクトップ環境のディスプレイ、キーボード、マウスを管理します。詳細は、を参照し http://www.x.org/ てください。
リモートディスプレイ
Red Hat Enterprise Linux と anaconda には、以下が含まれます。 グラフィカルディスプレイへのリモートアクセスを可能にする VNC (仮想ネットワークコンピューティング)ソフトウェア。VNC の詳細は、RealVNC Web サイト のドキュメントを参照し http://www.realvnc.com/support/documentation.html てください。
コマンドラインインターフェイス
デフォルトでは、Red Hat Enterprise Linux は GNU bash シェルを使用してコマンドラインインターフェイスを提供します。GNU Core ユーティリティーは、コマンドライン環境を完了します。bashhttp://www.gnu.org/software/bash/bash.html 詳細は、を参照してください。GNU Core ユーティリティーの詳細は、を参照して http://www.gnu.org/software/coreutils/ ください。
リモートシステムアクセス
Red Hat Enterprise Linux には システムにリモートアクセスを提供する OpenSSH スイート。SSH サービスは、他のシステムからのコマンドラインへのアクセス、リモートコマンド実行、ネットワークファイルの転送など、多くの機能を有効にします。インストールプロセス中に anacondascpを使用する可能性がある クラッシュレポートをリモートシステムに転送する OpenSSH の機能。詳細は、OpenSSH の Web サイト()を参照し http://www.openssh.com/ てください。
アクセス制御
SELinux では、標準の Linux セキュリティー機能を補完する Mandatory Access Control (MAC) 機能を提供しています。詳細は、SELinux プロジェクトページを参照し http://www.nsa.gov/research/selinux/index.shtml てください。
ファイアウォール
Red Hat Enterprise Linux が使用する Linux カーネルには、netfilter フレームワークが組み込まれており、 ファイアウォールの機能。プロジェクト Web サイトは、netfilteriptables 管理機能のドキュメント()を提供し http://netfilter.org/documentation/index.html ます。
ソフトウェアのインストール
Red Hat Enterprise Linux の使用 yum: システムを設定する RPM パッケージを管理します。詳細は、を参照し http://yum.baseurl.org/ てください。
仮想化
仮想化では、同じコンピューターで複数のオペレーティングシステムを同時に実行できます。Red Hat Enterprise Linux には、セカンダリーシステムを Red Hat Enterprise Linux ホストにインストールおよび管理するツールも含まれています。仮想化サポートは、インストールプロセス中またはインストール後にいつでも選択できます。詳細は、から https://access.redhat.com/documentation/en/red-hat-enterprise-linux/ 入手できる 『Red Hat Enterprise Linux Virtualization』 ドキュメントを参照してください。