Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録E GRUB ブートローダー

Linux のコンピューターの電源をオンにすると、オペレーティングシステムはブートローダーと呼ばれる特殊なプログラムによってメモリーにロードされます。ブートローダーは通常、システムのプライマリハードドライブ (または他のメディアデバイス) に存在し、Linux カーネルおよび必要とされるファイルまたは (場合によっては) 他のオペレーティングシステムをメモリーにロードする役割を一手に引き受けています。

E.1. ブートローダーとシステムアーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux を稼動できる各種のアーキテクチャーはそれぞれ異なるブートローダーを使用しています。 次の表では各アーキテクチャーごとに利用できるブートローダーを示します。

表E.1 各アーキテクチャーのブートローダー

アーキテクチャーブートローダー
AMD AMD64GRUB
IBM Power Systemsyaboot
IBM System zz/IPL
x86GRUB
この付録では x86 アーキテクチャー用の Red Hat Enterprise Linux に同梱されている GRUB ブートローダーのコマンドおよび設定オプションについて説明します。

重要

Red Hat Enterprise Linux 6.9 の /boot および / (root) パーティションで使用できるファイルシステムは ext2、ext3、ext4 (推奨) のみになります。これ以外、Btrfs、XFS、 VFAT などのファイルシステムは上記のパーティションには使用できません。/home など他のパーティションの場合は Btrfs や XFS (利用できる場合) などサポートされているファイルシステムを使用することができます。詳細は Red Hat カスタマーポータルの記載をご覧ください。( https://access.redhat.com/solutions/667273)