Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録E GRUB ブートローダー

Linux を実行しているコンピューターを有効にすると、ブートローダー と呼ばれる特別なプログラムにより、オペレーティングシステムがメモリーに読み込まれます。ブートローダーは通常、システムのプライマリーハードドライブ(またはその他のメディアデバイス)上に存在し、必要なファイルまたは(場合によっては)他のオペレーティングシステムをメモリーに読み込む唯一の責任を持ちます。

E.1. ブートロードバランシングおよびシステムアーキテクチャー

Red Hat Enterprise Linux を実行できる各アーキテクチャーは、異なるブートローダーを使用します。以下の表は、各アーキテクチャーで利用可能なブートローダーの一覧です。

表E.1 アーキテクチャー別のブートロード

アーキテクチャー Boot Loaders
AMD AMD64 GRUB
IBM Power Systems yaboot
IBM System z z/IPL
x86 GRUB
本付録では、x86 アーキテクチャー向け Red Hat Enterprise Linux に含まれる GRUB ブートローダーのコマンドと設定オプションについて説明します。
重要
Red Hat Enterprise Linux 6.9 の / boot パーティションおよび /(root)パーティションは、ext2、ext3、および ext4(推奨)のファイルシステムのみを使用できます。このパーティションには、Btrfs、XFS、VFAT などの他のファイルシステムを使用することはできません。/home などの他のパーティションでは、Btrfs や XFS(利用可能な場合)を含むサポート対象のファイルシステムを使用できます。詳細は、Red Hat カスタマーポータルの記事を参照して https://access.redhat.com/solutions/667273 ください。