18.3.4. VNC リスナーを使用したインストール

一時 Linux インストールシステムからリスニングモードでワークステーション上で実行している VNC クライアントへ接続するには、vnc オプションとオプションとしての vncpassword に加えて、パラメーターファイル内の vncconnect オプションを使用します。ネットワークとファイアウォールは、一時 Linux インストールからワークステーションへの IP 接続を許可する必要があります。
一時的な Linux インストールシステムを VNC クライアントに自動的に接続させるには、まずリスニングモードでクライアントを開始します。Red Hat Enterprise Linux システムでは、-listen オプションを使用して vncviewer をリスナーとして実行します。ターミナルウィンドウで以下のコマンドを入力します。
vncviewer -listen
詳細は 31章VNC を経由したインストール を参照してください。