Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.5. GRUB 用語

GRUB を使用する前に理解しておく最も重要な点の 1 つは、プログラムがハードドライブやパーティションなどのデバイスを参照する方法です。この情報は、複数のオペレーティングシステムを起動するように GRUB を設定する際に特に重要です。

E.5.1. デバイス名

GRUB で特定のデバイスを参照する場合は、以下のフォーマットを使用して実行します(括弧とコンマは非常に重要であることに注意してください)。
(<type-of-device><bios-device-number>,<partition-number>)
&lt ;type-of-device> は、GRUB が起動するデバイスタイプを指定します。最も一般的なオプションは、ハードディスクの場合は hd、3.5 ディスクの場合は fd です。使用が少ないデバイスタイプは、ネットワークディスク用に nd と呼ばれるデバイスタイプも使用できます。ネットワーク経由で起動する GRUB の設定方法は、http://www.gnu.org/software/grub/manual/ でオンラインで利用できます。
&lt ;bios-device-number&gt; は、BIOS デバイス番号です。プライマリー IDE ハードドライブには 0 が割り当てられ、セカンダリー IDE ハードドライブには 1 という番号が付けられます。この構文は、カーネルで使用されるデバイスとほぼ同等です。たとえば、カーネル hda が GRUB に対して hd 0 の 0 に、hdbbhd 1 の 1 と類似しています。
&lt ;partition-number&gt; は、デバイス上のパーティションの数を指定します。< bios-device-number> と同様に、ほとんどのタイプのパーティションには 0 から始まる番号が付けられます。ただし、BSD パーティションは、0 に対応 する 文字、1 などに対応します。
注記
GRUB の下にあるデバイスの番号システムは、常に 1 ではなく 0 から始まります。この区別を満たさないのは、新規ユーザーによって発生する最も一般的なエラーの 1 つです。
たとえば、システムに複数のハードドライブがある場合、GRUB は最初のハードドライブを(hd 0)として、次のハードドライブを(hd 1)として参照し ます。同様に、GRUB は最初のドライブの最初のパーティションは (hd0,0) として、2 番目のハードドライブの 3 番目のパーティションは (hd1,2) として参照されます。
通常、GRUB でデバイスとパーティションを命名すると、以下のルールが適用されます。
  • システムのハードドライブが IDE または SCSI の場合は、すべてのハードドライブが hd 文字で始まります。文字 fd を使用して 3.5 のディスクチットを指定します。
  • パーティションを考慮せずにデバイス全体を指定するには、コンマとパーティション番号を省略します。これは、特定のディスクに MBR を設定するように GRUB に指示する際に重要です。たとえば、(hd0 )は最初のデバイスで MBR を指定し、(hd3) は 4 番目のデバイスの MBR を指定します。
  • システムに複数のドライブデバイスがある場合は、ドライブの起動順序が BIOS でどのように設定されているかを知ることが非常に重要です。これは、システムに IDE ドライブまたは SCSI ドライブのみがある場合は、デバイスが混在している場合に、ブートパーティションを持つドライブのタイプを最初にアクセスすることが重要になります。