11.5. RAID と他のディスクデバイス

重要

Intel の BIOS RAID にインストールを行う場合、Red Hat Enterprise Linux 6 では dmraid ではなく mdraid が使用されます。BIOS RAID セットは自動的に検出され、Intel ISW メタデータを含むデバイスが dmraid ではなく mdraid として認識されます。mdraid でのデバイスのデバイスノード名と dmraid でのデバイスノード名とは異なるため注意してください。このため、Intel の BIOS RAID を搭載したシステムの移行を行う際は特別の注意が必要です。
デバイスノードパスを使ってデバイスを参照する /etc/fstab/etc/crypttab、その他の設定ファイルに対してローカルな変更を加えても Red Hat Enterprise Linux 6 では役に立ちません。このため、移行を行う前に、こうしたファイルのデバイスノードパスの部分をデバイスの UUID に置換するためファイルを編集する必要があります。デバイスの UUID は blkid コマンドを使って探します。

11.5.1. ハードウェア RAID

RAID (Redundant Array of Independent Disks) を使用すると、複数のドライブで構成される 1 つのグループまたはアレイを単一のデバイスとして動作させることができます。インストールを開始する前に、コンピューターのメインボードで提供される RAID 機能をすべて設定するか、またはコントローラーカードを接続しておいてください。アクティブな RAID アレイはそれぞれ Red Hat Enterprise Linux 内では 1 つのドライブとして表示されます。
複数のハードドライブを持つシステム上では、Red Hat Enterprise Linux を設定することで複数のドライブを 1 つの Linux RAID アレイとして動作させることができます。追加のハードウェアは必要としません。