Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.3. GRUB のインストール

多くの場合、Red Hat Enterprise Linux のインストール時に GRUB はデフォルトでインストールされ、設定されます。ただし、何らかの理由で GRUB がインストールされていない場合や、再度インストールする必要がある場合は、grub を手動でインストールできます。
UEFI ファームウェアがないシステムでは、有効な GRUB 設定ファイルが /boot/grub/grub.conf に存在する必要があります。grub-install スクリプト( grub パッケージの一部)を使用して GRUB をインストールできます。以下はその例です。
# grub-install disk
disk を、/dev/sda などのシステムの起動ドライブのデバイス名に置き換えます。
UEFI ファームウェアがあるシステムでは、有効な GRUB 設定ファイルが /boot/efi/EFI/redhat/grub.conf に存在する必要があります。GRUB の最初のステージブートローダーのイメージは、filename grubx64.efiEFI/redhat/ ディレクトリーにある EFI システムの一部で利用できます。efibootmgr コマンドを使用して、このイメージをシステムの EFI システムパーティションにインストールできます。以下はその例です。
# efibootmgr -c -d disk -p partition_number -l /EFI/redhat/grubx64.efi -L "grub_uefi"
disk を、EFI システムパーティション( /dev/sdaなど)を含むデバイスの名前に置き換え、partition_number を、EFI システムパーティションのパーティション番号に置き換えます(デフォルト値は 1 で、ディスクの最初のパーティションになります)。
重要
yum または RPM を使用してパッケージが更新されると、grub パッケージは、システムのブートローダーを自動的に更新しません。したがって、パッケージを更新しても、システムの実際のブートローダーは自動的に更新されません。grub-install コマンドは、パッケージが更新されるたびに手動で使用します。
GRUB のインストールの詳細は、GNU GRUB Manual および grub-install(8) の man ページを参照してください。EFI システムパーティションの詳細は、「高度なブートローダー設定」 を参照してください。efibootmgr ツールの詳細は、efibootmgr(8) man ページを参照してください。