Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.3. GRUB のインストール

多くの場合、Red Hat Enterprise Linux のインストールでは GRUB がデフォルトでインストールされ設定されます。ただし、何らかの理由で GRUB がインストールされない、または再インストールの必要がある場合には、手動でインストールすることができます。
UEFI ファームウェアがないシステムでは、有効な GRUB 設定ファイルが /boot/grub/grub.conf にある必要があります。(grub パッケージの一部である) grub-install スクリプトを使って GRUB をインストールすることができます。例を示します。
# grub-install disk
disk には /dev/sda などシステムの起動ドライブのデバイス名を入力します。
UEFI ファームウェア搭載のシステムでは、有効な GRUB 設定ファイルは /boot/efi/EFI/redhat/grub.conf にある必要があります。GRUB の第 1 ステージブートローダーのイメージは EFI システムパーティション上の EFI/redhat/ ディレクトリーに grubx64.efi というファイル名で利用可能になっており、efibootmgr コマンドを使って使用中のシステムの EFI システムパーティションにインストールできます。例を示します。
# efibootmgr -c -d disk -p partition_number -l /EFI/redhat/grubx64.efi -L "grub_uefi"
disk には EFI システムパーティションを格納するデバイス名 (/dev/sda など)、partition_number には EFI システムパーティションのパーティション番号を入力します (デフォルト値はディスクの最初のパーティションを意味する 1)。
GRUB のインストールの詳細は GNU GRUB Manual および grub-install(8) man ページを参照してください。EFI システムパーティションの詳細は 「高度なブートローダーオプションの設定」 を参照してください。efibootmgr ツールの詳細は efibootmgr(8) man ページを参照してください。