Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第39章 x86 ベースのシステムからの Red Hat Enterprise Linux の削除

警告
保持する Red Hat Enterprise Linux からのデータがある場合は、続行する前にバックアップしてください。CD、DVD、外部ハードディスク、またはその他のストレージデバイスにデータを書き込みます。
予防措置として、同じコンピューターにインストールされている他のオペレーティングシステムからデータもバックアップします。間違いが発生し、すべてのデータが失われる可能性があります。
別のオペレーティングシステムで後で使用できるように Red Hat Enterprise Linux のデータのバックアップを作成する場合は、その他のオペレーティングシステムでストレージメディアまたはデバイスを読み取れるようにしてください。たとえば、サードパーティーのソフトウェアがないと、Microsoft Windows は、ext2、ext3、ext4 のファイルシステムを使用するために、Red Hat Enterprise Linux でフォーマットした外部ハードドライブを読み取ることができません。
x86 ベースのシステムから Red Hat Enterprise Linux をアンインストールするには、マスターブートレコード(MBR)から Red Hat Enterprise Linux ブートローダー情報を削除し、オペレーティングシステムを含むパーティションを削除する必要があります。コンピューターから Red Hat Enterprise Linux を削除する方法は、Red Hat Enterprise Linux がコンピューターにインストールされている唯一のオペレーティングシステムであるか、またはコンピューターが Red Hat Enterprise Linux または別のオペレーティングシステムに設定されているかどうかによって異なります。
これらの手順は、可能なすべてのコンピューター設定に対応することはできません。コンピューターが 3 つ以上のオペレーティングシステムを起動するように設定されている場合や、高度にカスタマイズされたパーティションスキームがある場合は、上記の各種ツールでパーティションを削除する一般的なガイドとして、以下のセクションを使用します。このような状況では、選択したブートローダーの設定を学習する必要もあります。サブジェクトの概要については 付録E GRUB ブートローダー を参照してくださいが、詳細な手順は本書の対象外です。
重要
MS-DOS および Microsoft Windows で提供されるディスクパーティションツールで、Red Hat Enterprise Linux が使用するファイルシステムを削除できません。Windows XP(Windows 2000 を除く)より前の Windows の MS-DOS およびバージョンには、パーティションの削除や変更の他の手段はありません。MS-DOS および Windows のこれらのバージョンで使用する代替削除方法については、「Red Hat Enterprise Linux を Microsoft Windows の MS-DOS またはレガシーバージョンに置き換える」 を参照してください。

39.1. Red Hat Enterprise Linux は、コンピューター上の唯一のオペレーティングシステムです。

Red Hat Enterprise Linux がコンピューター上の唯一のオペレーティングシステムである場合は、代替のオペレーティングシステムにインストールメディアを使用して Red Hat Enterprise Linux を削除します。インストールメディアの例としては、Windows XP のインストール CD、Windows Vista のインストール DVD、または別の Linux ディストリビューションのインストール CD または DVD などがあります。
Microsoft Windows をプレインストールしている工場組み立てのコンピューター製造会社の一部には、コンピューターに Windows インストール用の CD または DVD を同梱していないメーカーがあるため注意してください。代わりに、製造元は独自の「システム復元ディスク」を提供したか、コンピューターの起動時に独自の「システム復元ディスク」の作成を許可している可能性があります。また、「システム復元ソフトウェア」がシステムのハードドライブに設けられた独立パーティションに保存されていることもあります。コンピューターにプレインストールされていたオペレーティングシステムのインストール用メディアの形態がわからない場合は、マシンに同梱された資料を参照するか、製造元にお問い合わせください。
該当オペレーティングシステムのインストール用メディアを見つけたら、以下を実行します。
  1. 残すデータのバックアップを作成します。
  2. コンピューターをシャットダウンします。
  3. 代わりに使用するオペレーティングシステムのインストール用ディスクを使ってコンピューターを起動します。
  4. インストール中に表示されるプロンプトに従います。Windows、OS X、およびほとんどの Linux インストールディスクでは、インストール中にハードドライブのパーティション設定を手動で行うことができます。または、すべてのパーティションを一旦削除してから新たにパーティション設定を開始するオプションを選択することもできます。この時点で、インストールソフトウェアがパーティションを自動的に検出したり、インストーラーによるパーティションの削除を許可する既存のパーティションを削除します。Microsoft Windows がプリインストールされているコンピューターの「システム復元」用メディアでは、何も入力しなくても自動的にデフォルトのレイアウトでパーティションが作成される場合があります。
    警告
    システム復元ソフトウェアがハードドライブ上のパーティションに収納されているコンピューターの場合は、他のメディアからオペレーティングシステムをインストールする際のパーティション削除には充分注意してください。パーティションの削除でシステム復元ソフトウェアを収納しているパーティションまで破棄してしまう恐れがあります。