Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.2.3. 初期 RAM ディスク更新の準備

重要
これは、他の方法でドライバーの更新を実行できない場合にのみ、高度な手順を検討してください。
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムは、RAM ディスクからインストールプロセスの初期段階でアップデートをロードできます。つまり、ディスク であるかのように一時的に動作するコンピューターのメモリーのエリアです。同じ機能を使用してドライバーの更新を読み込むことができます。インストール時にドライバーの更新を実行するには、コンピューターが yaboot インストールサーバーから起動でき、ネットワーク上で利用可能な状態でなければなりません。yaboot インストールサーバーの使用方法は、30章インストールサーバーの設定 を参照してください。
ドライバーをお使いのインストールサーバーで利用可能にするには、以下を実行します。
  1. ドライバー更新イメージファイルをインストールサーバーに配置します。通常、Red Hat またはハードウェアベンダーが指定するインターネットの場所からサーバーにダウンロードし、これを実施します。ドライバー更新イメージファイルの名前が .iso で終わります。
  2. ドライバー更新イメージファイルを /tmp/initrd_update ディレクトリーにコピーします。
  3. ドライバー更新イメージファイルの名前を dd.img に変更します。
  4. コマンドラインで /tmp/initrd_update ディレクトリーに移動し、以下のコマンドを入力して、Enter を押します。
    find . | cpio --quiet -o -H newc | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
    
  5. /tmp/initrd_update.img ファイルを、インストールに使用するターゲットが格納されているディレクトリーにコピーします。このディレクトリーは、/var/lib/tftpboot/yaboot/ ディレクトリーに配置されます。たとえば、/var/lib/tftpboot/yaboot/rhel6/ は、Red Hat Enterprise Linux 6 の yaboot インストールターゲットを保持する可能性があります。
  6. /var/lib/tftpboot/yaboot/yaboot.conf ファイルを編集し、作成した初期 RAM ディスクの更新を含むエントリーを、以下の形式で追加します。
    image=target/vmlinuz
    label=target-dd
    initrd=target/initrd.img,target/dd.img
    
    ここで、target はインストールに使用するターゲットになります。
インストール時に初期 RAM ディスクの更新を使用する方法は、「ドライバー更新を含むインストールサーバーターゲットの選択」 を参照してください。

例13.1 ドライバー更新イメージファイルからの初期 RAM ディスク更新の準備

この例では、driver_update.iso は、インターネットからインストールサーバーのディレクトリーにダウンロードしたドライバー更新イメージファイルです。起動元となるインストールサーバーのターゲットが /var/lib/tftpboot/yaboot/rhel6/にあります。
コマンドラインで、ファイルを保持するディレクトリーに移動し、以下のコマンドを入力します。
$ cp driver_update.iso /tmp/initrd_update/dd.img
$ cd /tmp/initrd_update
$ find . | cpio --quiet -c -o -H newc | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
$ cp /tmp/initrd_update.img /tftpboot/yaboot/rhel6/dd.img
/var/lib/tftpboot/yaboot/yaboot.conf ファイルを編集し、以下のエントリーを追加します。
image=rhel6/vmlinuz
label=rhel6-dd
initrd=rhel6/initrd.img,rhel6/dd.img