13.2.3. 初期 RAM ディスク更新の準備

重要

この方法は高度な手順で、他の方法でドライバー更新を実行できない場合にのみ検討してください。
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、 インストールの前半で Red Hat Enterprise Linux 自体の更新を RAM ディスクから読み込むことができます (コンピューターメモリーの一部分で、 一時的にディスクのように動作する)。 この機能を利用して同じようにドライバーの更新を読み込むこともできます。 インストール中にドライバーの更新を行なう場合は、 yaboot インストールサーバーからの起動が可能であること、 またネットワーク上でそのサーバーにアクセスできなければなりません。 yaboot インストールサーバーの使用方法については 30章インストールサーバーの設定 を参照してください。
インストールサーバーでドライバーの更新を利用できるようにする
  1. ドライバーの更新イメージファイルをインストールサーバーに配置します。 イメージファイルは Red Hat やハードウェア製造元で指定している場所からインターネットでサーバーにダウンロードするのが一般的です。 ドライバーの更新イメージファイル名は末尾が .iso になります。
  2. ドライバーの更新イメージファイルを /tmp/initrd_update ディレクトリにコピーします。
  3. ドライバーの更新イメージファイルに dd.img の名前を付けます。
  4. コマンドラインで /tmp/initrd_update ディレクトリに移動し、 次のコマンドを入力してから Enter を押します。
    find . | cpio --quiet -o -H newc | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
  5. /tmp/initrd_update.img ファイルをインストール時に使用したいターゲットを格納しているディレクトリにコピーします。 このディレクトリは /var/lib/tftpboot/yaboot/ ディレクトリ配下にあります。 たとえば、 /var/lib/tftpboot/yaboot/rhel6/ なら Red Hat Enterprise Linux 6 用の yabootインストールターゲットを格納しています。
  6. /var/lib/tftpboot/yaboot/yaboot.conf ファイルを編集して先ほど作成した初期 RAM ディスク更新があるエントリーを以下のような形式で含めます。
    image=target/vmlinuz
    label=target-dd
    initrd=target/initrd.img,target/dd.img
    target にインストールに使用するターゲットを入力します。
インストール時の初期 RAMディスクの更新の使い方については 「ドライバー更新を含むインストールサーバーターゲットの選択」 を参照してください。

例13.1 ドライバー更新イメージファイルを使って初期 RAM ディスク更新の準備をする

この例では、 driver_update.iso がインターネットからインストールサーバー上の ィレクトリにダウンロードしたドライバーの更新イメージファイルになります。 起動するインストールサーバー上のターゲットは /tftpboot/pxelinux/r6c/ にあります。
コマンドラインでファイルを格納しているディレクトリに移動してから次のコマンドを入力します。
$ cp driver_update.iso /tmp/initrd_update/dd.img
$ cd /tmp/initrd_update
$ find . | cpio --quiet -c -o -H newc | gzip -9 >/tmp/initrd_update.img
$ cp /tmp/initrd_update.img /tftpboot/yaboot/rhel6/dd.img
/var/lib/tftpboot/yaboot/yaboot.conf ファイルを編集して次のエントリーを含めます。
image=rhel6/vmlinuz
label=rhel6-dd
initrd=rhel6/initrd.img,rhel6/dd.img