32.8.4. インストール後のスクリプトで subscription-manager を実行する

サブスクリプションマネージャー のコマンドラインスクリプトでシステムが Red Hat サブスクリプション管理サーバー (カスタマーポータルによるサブスクリプション管理、 Subscription Asset Manager、 CloudForms System Engine など) に登録されます。 このスクリプトは、 システムに最も適したサブスクリプションにそのシステムを自動的に 添付 する (割り当てる) 場合にも使用できます。
カスタマーポータルに登録する場合は Red Hat ネットワークのログインに使用する認証情報を使用します。Subscription Asset Manager や CloudForms System Engine に登録を行なう場合には、 ローカルの管理者が作成したユーザーアカウントを使用します。
登録コマンドで追加オプションを使用してシステムに適したサービスレベルを設定し、また特定のオペレーティングシステムのバージョンに対する更新やエラータを制限することができます。
%post --log=/root/ks-post.log
/usr/sbin/subscription-manager register --username=admin@example.com --password=secret --serverurl=sam-server.example.com --org="Admin Group" --environment="Dev" --servicelevel=standard --release="6.6"
%end
subscription-manager の使い方については https://access.redhat.com/solutions/748313 でナレッジベースの記載を参照してください。