Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.3. PXE を使用したネットワークからの起動

PXEを使って起動するには、 サーバーが正しく設定されていなければなりません。 また、 PXE 対応のコンピューターにネットワークインターフェースが必要になります。 PXE サーバーの設定方法については 30章インストールサーバーの設定 を参照してください。
ネットワークインターフェースから起動するようコンピューターの設定を行います。 この設定は BIOS 内で行ないます。 Network Boot または Boot Services などのラベルが付いています。 PXE 起動を正しく設定すると、 他のメディアを必要としないで Red Hat Enterprise Linux インストールを起動できるようになります。
PXE サーバーからコンピューターを起動するには、
  1. ネットワークケーブルが接続されていることを確認します。 コンピューターの電源スイッチは入っていない状態であっても、 ネットワークソケットのリンク表示ライトは点灯しているはずです。
  2. コンピューターのスイッチをオンにします。
  3. メニュー画面が表示されます。 目的のオプションに相当する番号キーを押します。
PC が netboot サーバーから起動しない場合は、 正しいネットワークインターフェースから最初に起動するよう BIOS が設定されているか確認してください。 BIOS システムの中には、 ネットワークインターフェースを使用可能なブートデバイスと指定していても、 PXE 標準には対応していないものがあります。 詳細についてはご使用のハードウェアのマニュアルを参照してください。

注記

複数のネットワークインターフェースを備えるサーバーの中には、 ファームウェアインターフェースが認識している通りに eth0 を 1 番目のネットワークインターフェースに割り当てないものがあります。 これにより、 インストーラーは PXE が使用していたインターフェースとは別のネットワークインターフェースを使用しようとする可能性があります。 この動作を変更するには、 pxelinux.cfg/* 設定ファイル内で以下を使用します。
IPAPPEND 2
APPEND ksdevice=bootif
上記の設定オプションにより、 インストーラーはファームウェアインターフェースと PXE が使用するネットワークインターフェースと同じものを使用するようになります。 また、 以下のオプションも使用することもできます。
ksdevice=link
このオプションにより、 インストーラーはネットワークスイッチにリンクされているネットワークデバイスで 1 番目に検出するネットワークデバイスを使用するようになります。