Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.2.3. Power Systems サーバー用の設定

  1. tftp-server がインストールされていない場合には、yum install tftp-server を実行します。
  2. /etc/xinetd.d/tftp にある tftp-server 設定ファイルで、disabled パラメーターを yes から no に変更します。
  3. yaboot に同梱されているブートイメージを使用するように DHCP サーバーを設定します (DHCP サーバーをインストールしていない場合には、『Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』の「『DHCP サーバー』」の章を参照してください。)
    /etc/dhcp/dhcpd.conf にあるサンプルの設定ファイルの記載内容は以下の通りです。
              host bonn {
                    filename "yaboot";
                    next-server             10.32.5.1;
                    hardware ethernet 00:0e:91:51:6a:26;
                    fixed-address 10.32.5.144;
            }
  4. ここで、ISO イメージファイル内の yaboot パッケージの yaboot バイナリファイルが必要になります。このファイルにアクセスするには、root として以下のコマンドを実行します。
    mkdir /publicly_available_directory/yaboot-unpack
    mount -t iso9660 /path_to_image/name_of_image.iso /mount_point -o loop,ro
    cp -pr /mount_point/Packages/yaboot-version.ppc.rpm /publicly_available_directory/yaboot-unpack
    パッケージを抽出します。
    cd /publicly_available_directory/yaboot-unpack
    rpm2cpio yaboot-version.ppc.rpm | cpio -dimv
  5. tftpboot 内に yaboot ディレクトリを作成して、これに yaboot バイナリファイルをコピーします。
    mkdir /var/lib/tftpboot/yaboot
    cp publicly_available_directory/yaboot-unpack/usr/lib/yaboot/yaboot /var/lib/tftpboot/yaboot
  6. yaboot.conf という名前の設定ファイルをこのディレクトリに追加します。サンプルの設定ファイルは以下のようになります。
    init-message = "\nWelcome to the Red Hat Enterprise Linux 6 installer!\n\n"
    timeout=60
    default=rhel6
    image=/rhel6/vmlinuz-RHEL6
            label=linux
            alias=rhel6
            initrd=/rhel6/initrd-RHEL6.img
            append="repo=http://10.32.5.1/mnt/archive/redhat/released/RHEL-6/6.x/Server/ppc64/os/"
            read-only
    インストールソースの指定方法についての詳細は、「追加できる起動オプション」を参照してください。
  7. 抽出した ISO のブートイメージを tftp root ディレクトリにコピーします。
    cp /mount_point/images/ppc/ppc64/vmlinuz /var/lib/tftpboot/yaboot/rhel6/vmlinuz-RHEL6
    cp /mount_point/images/ppc/ppc64/initrd.img /var/lib/tftpboot/yaboot/rhel6/initrd-RHEL6.img
  8. yaboot-unpack ディレクトリを削除し、ISO をアンマウントしてクリーンナップを行います。
    rm -rf /publicly_available_directory/yaboot-unpack
    umount /mount_point
  9. クライアントシステムを起動します。プロンプトが表示されたら、ブートデバイスとしてネットワークデバイスを選択してください。