Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

9.15.4. LVM 論理ボリュームの作成

重要

LVM の初期セットアップはテキストモードインストールでは使用できません。ゼロから LVM 設定を作成するには、Alt+F2 を押して、別の仮想コンソールを起動し、lvm コマンドを実行します。テキストモードインストールに戻るには、Alt+F1 を押します。
LVM (Logical Volume Management) は背後にあるハードドライブや LUN のような物理ストレージ領域について、 簡単な論理表示を提示するものです。物理ストレージ上のパーティションは、ボリュームグループとして 一緒にグループ化されて 物理ボリュームとして表示されます。各ボリュームグループは複数の 論理ボリュームに分割されて、そのそれぞれが普通のディスクパーティションと同機能を持つことになります。その結果、LVM 論理ボリュームは複数の物理ディスクにまたがるパーティションとして機能します。
LVM についての詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』を参照してください。LVM はグラフィカルインストールのみで利用できることに注意してください。
LVM 物理ボリューム
このオプションを選択してパーティション、またはデバイスを LVM 物理ボリュームとして設定します。 このオプションは、使用するストレージがまだ LVM 物理ボリュームを含まない場合に使用できる 唯一の選択です。これは通常のパーティション追加時に出てくるダイアログと同じものです。 使用可能な オプションの説明には、「パーティションの追加」 を参照してください。ファイルシステムタイプLVM (physical volume )にセットされる必要があることに注意してください。
LVM 物理ボリュームの作成

図9.45 LVM 物理ボリュームの作成

LVM ボリュームグループの作成
このオプションを選択して、利用可能な LVM 物理ボリュームから LVM ボリュームグループの作成をするか、または ボリュームグループに既存の論理ボリュームを追加します。
LVM ボリュームグループの作成

図9.46 LVM ボリュームグループの作成

単数、または複数の物理ボリュームを1つのボリュームグループに割り当てるには、 先ず、ボリュームグループに名前を付けます。その後そのボリュームグループで使用 されることになる物理ボリュームを選択します。最後に、追加編集、および 削除 のオプションを使用して、 いずれかのボリュームグループで論理ボリュームを設定します。
ボリュームグループから物理ボリュームを削除することが出来ないことがあります。削除した場合、そのグループの論理ボリューム用に十分な領域を残すことができません。例えば、 8 GB の論理ボリュームを含んでいる2つの 5 GB の LVM 物理ボリュームパーティションで構成されたボリュームグループを例に取りましょう。構成要素となっている物理ボリュームのいずれかを削除すると、8 GB の論理ボリューム用にグループ内にたった 5 GB しか残らないため、インストーラーはそのような削除を許可しません。論理ボリュームの総サイズを適切に縮小した場合は、ボリュームグループから物理ボリュームを削除できる可能性があります。この例では、論理ボリュームのサイズを 4 GB に縮小すると、5 GB の物理ボリュームのいずれかを削除することが可能になります。
論理ボリュームの作成
このオプションを選択して、LVM 論理ボリュームの作成をします。通常のディスクパーティションのように マウントポイント、ファイルシステムタイプ、 およびサイズ (MB) を選択します。この論理ボリュームの名前を 選択してそれに所属するボリュームグループの指定もできます。
論理ボリュームの作成

図9.47 論理ボリュームの作成