第9章 Anaconda を使用したインストール

この章では anaconda のグラフィカルユーザーインターフェースを使用したインストールを説明しています。

9.1. テキストモードインストールプログラムのユーザーインターフェース

重要

テキストモードでインストールしても、インストール終了後にグラフィカルインターフェースが使用できなくなる訳ではありません。
グラフィカルインストーラーのほかにも、anaconda にはテキストベースのインストーラーが含まれます。
以下の状況のいずれかが発生した場合、インストールプログラムはテキストモードを使用します。
  • インストールシステムがコンピューター上のディスプレイハードウェアの識別に失敗した場合
  • ユーザーがブートメニューからテキストモードインストールを選択した場合
テキストモードのインストールは明確には文書に記載されていませんが、テキストモードのインストールプログラムを使用した場合も、GUI のインストール手順に従うと簡単にインストールできます。ただし、テキストモードではインストールプロセスがよりシンプルで簡素化されるため、グラフィカルモードで利用できる一部のオプションはテキストモードでは使用できません。この違いについては、本ガイドのインストールプロセスの説明にあります。以下の内容が含まれます。
  • LVM、RAID、FCoE、zFCP、および iSCSI などの高度なストレージメソッドの設定
  • パーティションレイアウトのカスタマイズ
  • ブートローダーレイアウトのカスタマイズ
  • インストール時のパッケージの選択
  • Firstboot を使用したインストール済みシステムの設定
Red Hat Enterprise Linux をテキストモードでインストールするように選択した場合でも、インストール後にグラフィカルインターフェースを使用するようにシステムを設定できます。その方法については、「グラフィカルログインへの切り替え」 を参照してください。
テキストモードでは使用できないオプションを設定するには、起動オプションの使用を検討してください。例えば、linux ip オプションは、ネットワーク設定値の設定に使用することができます。手順については、「ブートメニューでインストールシステムを設定する」 を参照してください。