第38章 Red Hat サブスクリプション管理サービスの登録取り消し

システムが登録できるは、単一のサブスクリプションサービスに対してのみです。登録先のサブスクリプションサービスを変更する必要がある、または登録を取り消したい場合、登録先のサブスクリプションサービスのタイプによって取り消しの手続きが異なります。

38.1. Red Hat サブスクリプション管理に登録しているシステム

システムやインストール済み製品、 添付されているサブスクリプションなどを特定する際に証明書をベースにした同じフレームワークを利用するサブスクリプションサービスが複数あります。 カスタマーポータルによるサブスクリプション管理 (hosted)、 Subscription Asset Manager (オンプレミスのサブスクリプションサービス)、 CloudForms System Engine (オンプレミスのサブスクリプションおよびコンテンツ配信サービス) などがこれに該当し、これらはすべて Red Hat サブスクリプション管理 の一部となります。
Red Hat サブスクリプション管理のサービスの場合、 システムは Red Hat サブスクリプションマネージャーというクライアントツールで管理されます。
Red Hat サブスクリプション管理サーバーへのシステム登録を削除するには、 unregister コマンドを使用します。
[root@server ~]# subscription-manager unregister --username=name

注記

このコマンドは root で実行してください。