第14章 インストーラーの起動

重要

グラフィカルインストールが推奨されますが、Power Systems サーバーでは主にテキストコンソールが使用されるため、anaconda は自動的にはグラフィカルインストールを起動しません。ただし、 グラフィカルインストールの方が設定機能やカスタマイズ機能に優れているため、システムにグラフィカルディスプレイがある場合はグラフィカルインストールの利用をお勧めします。
vnc 起動オプションを渡してグラフィカルインストールを起動します (「VNC を使用したリモートアクセスを有効にする」 を参照)。

重要

一部のマシンでは、 yaboot が起動せずエラーメッセージを返す場合があります。
Cannot load initrd.img: Claim failed for initrd memory at 02000000 rc=ffffffff
この問題を回避するには、real-basec00000 に変更します。real-base の値は OpenFirmware プロンプトで printenv コマンドを使うと取得できます。また、値の設定には setenv コマンドを使用します。
IBM Power Systems サーバーを DVD から起動するには、システム管理サービス (System Management Services) (SMS) メニューでインストールブートデバイスを指定する必要があります。
システム管理サービス (System Management Services) GUI に入るには、ブートプロセスでチャイムが聞こえている間に 1 キーを押します。これにより、このセクションに説明してあるグラフィカルインターフェースと同様の画面が立ち上がります。
テキストコンソール上では、テスト済みのコンポーネントと一緒にセルフテストがバナーを表示している時に 1 を 押します。
SMS コンソール

図14.1 SMS コンソール

SMS メニュー内に入ったら、ブート・オプションの選択 (Select Boot Options) からオプションを選びます。このメニュー内で、インストール・デバイスまたは ブート・デバイスの選択 (Select Install or Boot a Device) を指定し、CD/DVD を選択したらバスタイプを選びます (ほとんどの場合、SCSI) 。よくわからない場合は全デバイスの表示を選択できます。ネットワークアダプターやハードドライブなど、ブートデバイスに使用できるバスがすべてスキャンされます。
最後にインストール用 DVD を含むデバイスを選択します。 Yaboot がこのデバイスからロードされ boot: プロンプトが表示されます。 グラフィカルインストールを開始するには、 ここで vnc 起動オプションを渡します。 または Enter を押すかタイムアウトを待つとインストールの開始を放棄します。
vmlinuzramdisk を付けて yaboot を使用し、ネットワーク上でシステムを起動します。ネットワーク上でのブートには ppc64.img は使用できません。TFTP にはファイルが大きすぎるためです。

14.1. ブートメニュー

インストーラーは boot: プロンプトを表示します。例えば以下のとおりです。
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM IBM
/
Elapsed time since release of system processors: 276 mins 49 secs

System has 128 Mbytes in RMA
Config file read, 227 bytes


Welcome to the 64-bit Red Hat Enterprise Linux 6.0 installer!
Hit <TAB> for boot options.


Welcome to yaboot version 1.3.14 (Red Hat 1.3.14-35.el6)
Enter "help" to get some basic usage information
boot:
インストールを続けるには linux と入力して、Enter を押します。
このプロンプトで起動オプションを指定することも可能です。詳細については、28章起動オプション を参照してください。例えば、インストーラーを使用して以前にインストールしたシステムをレスキューするには、linux rescue と入力して、Enter を押します。
以下の例では、 グラフィカルインストールを開始するために渡す vnc 起動オプションの例を示します。
boot:
* linux
boot: linux vnc
Please wait, loading kernel...