Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

29.2. GRUB 設定の編集

GRUB ブートローダーは、設定ファイル /boot/grub/grub.conf を使用します。新しいファイルからブートするように GRUB を設定するには、ブートスタンザをそれらを参照する /boot/grub/grub.conf に追加します。
最小限のブートスタンザは以下の一覧のようになります。
title Installation
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-install
        initrd /initrd.img-install
ブートスタンザの kernel 行の末尾にオプションを追加することができます。これらのオプションは、通常ユーザーが対話的に設定する Anaconda 内の前提オプションを設定します。使用可能なインストーラーの起動オプションの一覧については、28章起動オプション を参照してください。
通常、以下のオプションはメディアを使用しないインストールに役立ちます。
  • ip=
  • repo=
  • lang=
  • keymap=
  • ksdevice= (インストールが eth0 以外のインターフェースを要求する場合)
  • vnc および vncpassword= (リモートインストールの場合)
終了したら、追加した新規の最初のスタンザを参照するように /boot/grub/grub.conf 内の default オプションを変更します。
default 0