Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

31.2.2. 接続モード

ターゲットシステムが動的 IP アドレスを取得するように設定されている場合には、特定のファイアウォールまたはインスタンスは anaconda 内のダイレクト VNC モードで問題を起こす原因になる可能性があります。さらに、ターゲットシステム上にコンソールがなく、接続先の IP アドレスを通知するメッセージを表示できない場合も、インストールを継続することはできません。
VNC 接続モードは VNC の開始方法を変更します。anaconda が開始してユーザーの接続を待つ代わりに、VNC 接続モードは anaconda がユーザーのビューに自動的に接続できるようにします。この場合、ユーザーはターゲットシステムの IP アドレスを把握しておく必要はありません。
VNC 接続モードをアクティベートするには、vncconnect ブートパラメーターを渡します。
boot: linux vncconnect=HOST
HOST を VNC ビューワの IP アドレスか、または DNS ホスト名に置き換えます。ターゲットシステム上でインストールを開始する前に、VNC ビューワを始動して着信接続を待機させます。
インストールを開始し、VNC ビューワがグラフィカルインストーラーを表示したら、次に進むことができます。