Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.11. キックスタートインストールの開始

重要
firstboot は、デスクトップと X Window System がインストールに含まれ、グラフィカルログインが有効でない限り、キックスタートファイルからシステムをインストールした後には実行されません。キックスタートファイルから追加のシステムをインストールする前に、キックスタートファイルで user オプションを使用してユーザーを指定するか(詳細は 「キックスタートのオプション」 を参照してください)、root で仮想コンソールでインストール済みのシステムにログインし、adduser コマンドでユーザーを追加します。
キックスタートインストールを開始するには、作成したブートメディアまたは Red Hat Enterprise Linux DVD からシステムを起動し、起動プロンプトで特別な起動コマンドを入力する必要があります。ks コマンドライン引数がカーネルに渡されると、インストールプログラムはキックスタートファイルを検索します。
DVD およびローカルストレージ
linux ks= コマンドは、ks.cfg ファイルがローカルストレージの vfat または ext2 ファイルシステムにあり、Red Hat Enterprise Linux DVD から起動する場合にも機能します。
ドライバーディスクの場合
キックスタートでドライバーディスクを使用する必要がある場合は、dd オプションも指定します。たとえば、インストールでローカルのハードドライブのキックスタートファイルが必要で、ドライバーディスクも必要な場合は、以下を使用してシステムを起動します。
linux ks=hd:partition:/path/ks.cfg dd
CD-ROM の起動
「キックスタートブートメディアの作成」 で説明されているように、キックスタートファイルがブート CD-ROM にある場合は、システムに CD-ROM を挿入し、システムを起動し、boot: プロンプトで以下のコマンドを入力します( ks.cfg はキックスタートファイルの名前に置き換えます)。
linux ks=cdrom:/ks.cfg
キックスタートインストールを開始するその他のオプションは以下のとおりです。
askmethod
システムで Red Hat Enterprise Linux インストール DVD が検出されても、インストールソースを選択するようにユーザーに求めるプロンプトを表示します。
asknetwork
インストール方法に関係なく、インストールの第 1 段階でネットワーク設定の入力を促します。
autostep
キックスタートを非対話的にします。デバッグやスクリーンショットの生成に使用されます。このオプションは、パッケージのインストールが中断される可能性があるため、システムのデプロイ時には使用しないでください。
debug
pdb をすぐに起動します。
dd
ドライバーディスクを使用します。
dhcpclass=<class>
カスタムの DHCP ベンダークラス識別子を送信します。ISC の dhcpcd は、option vendor-class-identifier を使用してこの値を検査できます。
dns=<dns>
ネットワークインストールに使用するネームサーバーのコンマ区切りリスト。
driverdisk
dd と同じです。
エキスパート
特別な機能をオンにします。
  • リムーバブルメディアのパーティション分割が可能
  • ドライバーディスクを要求します。
gateway=<gw>
ネットワークインストールに使用するゲートウェイ。
graphical
強制的にグラフィカルインストールを実行します。ftp/http を使用する GUI が必要です。
isa
ISA デバイス設定のプロンプトを表示します。
ip=<ip>
ネットワークインストールに使用する IP は、DHCP に 'dhcp' を使用します。
ipv6=auto, ipv6=dhcp
デバイスの IPv6 設定。自動設定(SLAAC、DHCPv6 の SLAAC)には auto を使用し、DHCPv6 のみの設定(ルーター広告なし)には dhcp を使用します。
keymap=<keymap>
使用するキーボードレイアウト。有効なレイアウトは以下のとおりです。
  • be-latin1 - ベルギー
  • bg_bds-utf8 - Bulgarian
  • bg_pho-utf8 - Bulgarian (Phonetic)
  • br-abnt2 - ブラジル語(ABNT2)
  • cf - French Canadian
  • croat - クロアチア語
  • cz-us-qwertz - Czech
  • cz-lat2 - Czech (qwerty)
  • de - German
  • de-latin1 - ドイツ語(latin1)
  • de-latin1-nodeadkeys - ドイツ語(デッドキーなしで latin1)
  • Dvorak: Dvorak
  • DK - デンマーク語
  • DK-latin1 - Danish (latin1)
  • es - スペイン語
  • et - Estonian
  • fi - フィンランド語
  • f-latin1 - フィンランド語(latin1)
  • fr: フランス語
  • fr-latin9 - フランス語(latin9)
  • fr-latin1 - フランス語(latin1)
  • fr-pc - フランス語(pc)
  • fr_CH - フランス語
  • fr_CH-latin1 - Swiss French (latin1)
  • gr - Greek
  • hu - Hungarian
  • hu101 - Hungarian (101 キー)
  • is-latin1 - アイスランド語
  • it - イタリア語
  • it-ibm - イタリア語(IBM)
  • it2 - イタリア語(it2)
  • jp106 - 日本語
  • ko - 韓国語
  • La-latin1 - Latin American
  • mk-utf - Macedonian
  • nl - Dutch
  • no - ノルウェー語
  • pl2 - Polish
  • pt-latin1 - Portuguese
  • ro - ルーマニア語
  • ru - ロシア語
  • sr-cy - セルビア語
  • sr-latin - セルビア語(latin)
  • sv-latin1 - スウェーデン語
  • sg - ドイツ語
  • sg-latin1 - Swiss German (latin1)
  • sk-qwerty: Slovak (qwerty)
  • スロベニア語: スロベニア語
  • trq - Turkish
  • UK - 英国
  • ua-utf - ウクライナ語
  • us-acentos - U.S.インド在外のお客様:
  • us - U.S.英語
32 ビットシステムの /usr/lib/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py ファイル、または 64 ビットシステムの /usr/lib64/python2.6/system_config_keyboard/keyboard_models.py ファイルにもこの一覧が含まれており、system-config-keyboard パッケージに含まれます。
ks=nfs:<server>:/<path>
インストールプログラムは、NFS サーバーのキックスタートファイル < server> をファイル < path> として検索し ます。インストールプログラムは DHCP を使用してイーサネットカードを設定します。たとえば、NFS サーバーが server.example.com で、キックスタートファイルが NFS 共有 /mydir/ks.cfg にある場合、正しい起動コマンドは ks=nfs:server.example.com:/mydir/ks.cfg になります。
ks={http|https}://<server>/<path>
インストールプログラムは、HTTP サーバーまたは HTTPS サーバーのキックスタートファイル < server> をファイル < path> として検索し ます。インストールプログラムは DHCP を使用してイーサネットカードを設定します。たとえば、HTTP サーバーが server.example.com で、キックスタートファイルが HTTP ディレクトリー /mydir/ks.cfg にある場合、正しい起動コマンドは ks=http://server.example.com/mydir/ks.cfg になります
ks=hd:<device>:/<file>
インストールプログラムは < device > にファイルシステムをマウントし(vfat または ext2)、そのファイルシステムでキックスタート設定ファイルを < file > として検索します(例: ks=hd:sda3:/mydir/ks.cfg)。
ks=bd:<biosdev>:/<path>
インストールプログラムは、指定した BIOS デバイス < biosdev > の指定されたパーティションにファイルシステムをマウントし、< path > で指定されたキックスタート設定ファイルを検索します(例: ks=bd:80p3:/mydir/ks.cfg)。これは BIOS RAID セットでは機能しません。
ks=file:/<file>
インストールプログラムはファイルシステムからファイル < file > を読み取ろうとし、マウントは行われません。これは通常、キックスタートファイルが initrd イメージにすでにある場合に使用されます。
ks=cdrom:/<path>
インストールプログラムは、CD-ROM のキックスタートファイルをファイル < path> として検索します
ks
ks のみを使用する場合、インストールプログラムは DHCP を使用するようにイーサネットカードを設定します。キックスタートファイルは、DHCP オプション server-name で指定された NFS サーバーから読み込まれます。キックスタートファイルの名前は以下のいずれかになります。
  • DHCP が指定され、ブートファイルが / で開始すると、DHCP が提供するブートファイルが NFS サーバー上で検索されます。
  • DHCP が指定され、ブートファイルが / 以外のもので始まる場合は、DHCP が提供するブートファイルが NFS サーバーの /kickstart ディレクトリーで検索されます。
  • DHCP がブートファイルを指定しなかった場合、インストールプログラムは /kickstart/1.2.3.4-kickstart ファイルを読み取ろうとします。1. 2.3.4 は、インストールされているマシンの数値の IP アドレスです。
ksdevice=<device>
インストールプログラムは、このネットワークデバイスを使用してネットワークに接続します。デバイスは、以下の 5 つの方法のいずれかで指定できます。
  • インターフェイスのデバイス名(例: eth0
  • インターフェイスの MAC アドレス(例:psyc2 :34:56:78:9a
  • link キーワードを使用する (リンクが up 状態になっている 1 番目のインターフェイス)。
  • キーワード bootif を使用する。これは、pxelinuxBOOTIF 変数に設定した MAC アドレスを使用します。pxelinuxBOOTIF 変数を設定する場合は、pxelinux.cfg ファイルに IPAPPEND 2 を設定します。
  • iBFT で指定されたインターフェイスの MAC アドレスを使用するキーワード ibft
たとえば、eth1 デバイスを介して NFS サーバーに接続しているシステムについて考えてみましょう。NFS サーバーからキックスタートファイルを使用してこのシステムでキックスタートインストールを実行するには、boot: プロンプトで ks=nfs: <server > :/ <path > ksdevice=eth1 コマンドを使用します。
kssendmac
システムのプロビジョニングに役立つ HTTP ヘッダーを ks=http:// リクエストに追加します。CGI 環境変数の形式の CGI 環境変数の MAC アドレス("X-RHN-Provisioning-MAC-0: eth0 01:23:45:67:89:ab")が含まれます。
lang=<lang>
インストールに使用する言語。これは、キックスタートコマンド 'lang' で使用できる有効な言語である必要があります。
loglevel=<level>
メッセージのログ記録に必要な最小レベルを設定します。<level> の値は debug、info、warning、error、および critical です。デフォルト値は info です。
mediacheck
ローダーコードをアクティブにして、インストールソースの整合性をテストするオプションを提供します(ISO ベースの方法の場合)。
netmask=<nm>
ネットワークインストールに使用するネットマスク。
nofallback
GUI が失敗した場合は、終了します。
nofb
テキストモードのインストールに必要な VGA16 フレームバッファーを一部の言語で読み込みないでください。
nofirewire
firewire デバイスのサポートを読み込みないでください。
noipv4
ksdevice= 起動オプションで指定したデバイスで IPv4 ネットワークを無効にします。
noipv6
インストール済みシステムのすべてのネットワークデバイスおよびインストール時に IPv6 ネットワークを無効にします。
重要
PXE サーバーからのインストール中に、anaconda がキックスタートファイルを処理する前に IPv6 ネットワークがアクティブになる可能性があります。その場合、このオプションはインストール時に効果がありません。
注記
インストール済みシステムで IPv6 を無効にするには、noipv6 起動オプションに加えて、各ネットワークデバイスで --noipv6 キックスタートオプションを使用する必要があります。IPv6 システム全体を無効に https://access.redhat.com/solutions/1565723 する方法は、のナレッジベースの記事を参照してください。
nomount
インストール済みの Linux パーティションはレスキューモードで自動的にマウントしないでください。
nonet
ネットワークデバイスを自動プローブしないでください。
noparport
並列ポートのサポートの読み込みは試行しないでください。
nopass
anaconda ステージ 1 (ローダー)からステージ 2 (インストーラー)にキーボードとマウスに関する情報を渡すことはできません。
nopcmcia
システム内の PCMCIA コントローラーを無視します。
noprobe
ハードウェアを自動的にプローブしないでください。ユーザーに、anaconda が特定のハードウェアカテゴリーのプローブを許可するよう要求します。
noshell
インストール時にシェルを tty2 に置かないでください。
repo=cdrom
DVD ベースのインストールを行う。
repo=ftp://<path>
FTP インストールには <path> を使用します。
repo=hd:<dev>:<path>
ハードドライブのインストールには、<dev> の <path> を使用します。
repo=http://<path>
HTTP インストールには <path> を使用します。
repo=https://<path>
HTTPS インストールには <path> を使用します。
repo=nfs:<path>
NFS インストールには <path> を使用します。
rescue
レスキュー環境を実行します。
resolution=<mode>
指定したモードでインストーラーを実行します(例:'1024x768')。
serial
シリアルコンソールのサポートを有効にします。
skipddc
モニターの Data Display Channel (DDC)をプローブしないでください。このオプションは、DDC プローブによりシステムの応答が停止する場合に回避策を提供します。
syslog=<host>[:<port>]
インストールが実行されたら、< host > の syslog プロセスにログメッセージを送信し、オプションでポート < port> で送信します。接続を受け入れるには、リモート syslog プロセスが必要です(-r オプション)。
text
テキストモードを強制的にインストールします。
重要
キックスタートインストールのテキストモードを選択した場合は、パーティション設定、ブートローダー、およびパッケージの選択オプションを指定するようにしてください。これらの手順はテキストモードで自動化され、anaconda は情報不足を求めるプロンプトを出すことができません。このオプションに選択肢を指定しないと、anaconda によりインストールプロセスが停止します。
updates
更新を含むストレージデバイスのプロンプト(バグ修正)。
updates=ftp://<path>
FTP を介した更新を含むイメージ。
updates=http://<path>
HTTP 経由での更新が含まれるイメージ。
updates=https://<path>
HTTPS 経由での更新を含むイメージ。
upgradeany
/etc/redhat-release ファイルの内容や /etc/redhat-release ファイルの存在に関係なく、システムで検出された Linux インストールをすべてアップグレードします。
vnc
vnc ベースのインストールを有効にします。vnc クライアントアプリケーションを使用してマシンに接続する必要があります。
vncconnect=<host>[:<port>]
< host> という名前の vnc クライアントに接続し、オプションでポート < port> を使用し ます。
vnc オプションも指定する必要があります。
vncpassword=<password>
vnc 接続のパスワードを有効にします。これにより、誰かが vnc ベースのインストールに誤って接続できなくなります。
vnc オプションも指定する必要があります。