Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

32.11. キックスタートインストールの開始

重要

Firstboot は、デスクトップと X Window System がインストールに含まれていてグラフィカルログインが有効になっていないと、システムがキックスタートファイルからインストールされた後に実行されません。追加のシステムをインストールする前にキックスタートファイル内に user オプションでユーザーを指定する (詳細は 「キックスタートのオプション」 を参照) か、または root として仮想コンソールでインストール済みのシステムにログインして adduser コマンドでユーザーを追加します。
キックスタートインストールを開始するには、まず作成した起動用メディアか、または Red Hat Enterprise Linux DVD でシステムをブートする必要があります。さらに、ブートプロンプトで特別なブートコマンドを入力します。ks コマンドライン引数がカーネルに渡されると、インストールプログラムはキックスタートファイルを探します。
DVD およびローカルストレージ
ks.cfg ファイルがローカルストレージの vfat または ext2 ファイルシステムに配置されていて Red Hat Enterprise Linux DVD からブートする場合は、linux ks= コマンドも機能します。
ドライバーディスクの使用
キックスタートでドライバーディスクを使用する必要がある場合は、dd オプションも指定してください。例えば、インストールにローカルハードドライブ上のキックスタートファイルとドライバーディスクが必要な場合は、システムを以下のように起動します。
linux ks=hd:partition:/path/ks.cfg dd
ブート CD-ROM
「キックスタート起動用メディアの作成」 の説明にあるように、キックスタートファイルがブート CD-ROM 上にある場合、その CD-ROM をシステムに挿入してシステムを起動し、以下のコマンドを boot: プロンプトで入力します (ks.cfg はキックスタートファイル名)。
linux ks=cdrom:/ks.cfg
キックスタートインストールを開始するその他のオプションは以下のとおりです。
askmethod
Red Hat Enterprise Linux インストール用 DVD がシステムで検知された場合でも、インストールソースを選択するようユーザーにプロンプトを表示します。
asknetwork
インストール方法に関わらず、インストールの最初のステージでネットワーク設定をプロンプトします。
autostep
キックスタートを非対話式にします。デバッグに使用され、スクリーンショットを生成します。このオプションはパッケージのインストールを妨げる場合があるので、システム導入の際には使用すべきではありません。
debug
pdb を今すぐに開始します。
dd
ドライバーディスクの使用
dhcpclass=<class>
カスタムの DHCP ベンダークラス識別子を送ります。ISC の dhcpcd は、"option vendor-class-identifier" を使用して、この値を調べます。
dns=<dns>
ネットワークインストールに使用するためのネームサーバーのコンマ区分のリストです。
driverdisk
'dd' と同じです。
expert
特殊機能を開始します。
  • 脱着可能メディアのパーティション設定を許可
  • ドライバーディスク用のプロンプト
gateway=<gw>
ネットワークインストールに使用するゲートウェイ
graphical
グラフィカルインストールを強制します。ftp/http に GUI を使用させるのに必要です。
isa
ISA デバイス設定用のユーザーへのプロンプト
ip=<ip>
ネットワークインストール用に使用の IP、 DHCP として 'dhcp' を使用
ipv6=auto, ipv6=dhcp
デバイスの IPv6 設定です。自動設定 (DHCPv6 による SLAAC、SLAAC) の場合は auto を使用します。または、DHCPv6 のみの設定の場合は dhcp を使用します (ルーター通知なし)。
keymap=<keymap>
使用するキーボードのレイアウトです。有効なレイアウトは以下のとおりです。
  • be-latin1 — ベルギー語
  • bg_bds-utf8 — ブルガリア語
  • bg_pho-utf8 — ブルガリア語 (Phonetic)
  • br-abnt2 — ポルトガル語 (ブラジル、ABNT2)
  • cf — カナダフランス語
  • croat — クロアチア語
  • cz-us-qwertz — チェコ語
  • cz-lat2 — チェコ語 (qwerty)
  • de — ドイツ語
  • de-latin1 — ドイツ語 (latin1)
  • de-latin1-nodeadkeys — ドイツ語 (latin1、デッドキーなし)
  • dvorak — ドボラック (Dvorak)
  • dk — デンマーク語
  • dk-latin1 — デンマーク語 (latin1)
  • es — スペイン語
  • et — エストニア語
  • fi — フィンランド語
  • fi-latin1 — フィンランド語 (latin1)
  • fr — フランス語
  • fr-latin9 — フランス語 (latin9)
  • fr-latin1 — フランス語 (latin1)
  • fr-pc — フランス語 (pc)
  • fr_CH — スイスフランス語
  • fr_CH-latin1 — スイスフランス語 (latin1)
  • gr — ギリシャ語
  • hu — ハンガリー語
  • hu101 — ハンガリー語 (101 キー)
  • is-latin1 — アイスランド語
  • it — イタリア語
  • it-ibm — イタリア語 (IBM)
  • it2 — イタリア語 (it2)
  • jp106 — 日本語
  • ko — 韓国語
  • la-latin1 — ラテンアメリカ語
  • mk-utf — マケドニア語
  • nl — オランダ語
  • no — ノルウェー語
  • pl2 — ポーランド語
  • pt-latin1 — ポルトガル語
  • ro — ルーマニア語
  • ru — ロシア語
  • sr-cy — セルビア語
  • sr-latin — セルビア語 (latin)
  • sv-latin1 — スウェーデン語
  • sg — スイスドイツ語
  • sg-latin1 — スイスドイツ語 (latin1)
  • sk-qwerty — スロバキア語 (qwerty)
  • slovene — スロベニア語
  • trq — トルコ語
  • uk — 英国
  • ua-utf — ウクライナ語
  • us-acentos — U.S. インターナショナル
  • us — U.S. 英語
32 ビットシステムのファイル /usr/lib/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py または 64 ビットシステムの /usr/lib64/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py には、この一覧も含まれており、system-config-keyboard パッケージの一部です。
ks=nfs:<server>:/<path>
インストールプログラムは、NFS サーバー<server> 上のキックスタートファイルを、ファイル <path> として探します。インストールプログラムは DHCP を使ってイーサネットカードを設定します。例えば、NFS サーバーが、server.example.com で、キックスタートファイルが NFS 共有ファイル /mydir/ks.cfg 内にある場合、正しいブートコマンドは ks=nfs:server.example.com:/mydir/ks.cfg となります。
ks={http|https}://<server>/<path>
インストールプログラムは、HTTP または HTTPS サーバー <server> 上のキックスタートファイルをファイル <path> として探します。インストールプログラムは、DHCP を使用してイーサネットカードを設定します。例えば、HTTP サーバーが server.example.com で、キックスタートファイルが HTTP ディレクトリ /mydir/ks.cfg にある場合、正しいブートコマンドは ks=http://server.example.com/mydir/ks.cfg となります。
ks=hd:<device>:/<file>
インストールプログラムは <device> 上のファイルシステム (vfat または ext2) をマウントします。さらに、そのキックスタート設定ファイルをファイルシステム内の <file> として検索します (例えば、ks=hd:sda3:/mydir/ks.cfg) 。
ks=bd:<biosdev>:/<path>
インストールプログラムは指定された BIOS デバイス <biosdev> 上の指定されたパーティションにファイルシステムをマウントして、<path> 内に指定されたキックスタートファイルを探します (例えば、ks=bd:80p3:/mydir/ks.cfg) 。この動作は BIOS RAID セットには該当しないことに注意してください。
ks=file:/<file>
インストールプログラムはファイルシステムから、ファイル <file> を読み込もうとします。マウントはされません。キックスタートファイルがすでに initrd イメージ上にある場合、通常これが使用されます。
ks=cdrom:/<path>
インストールプログラムは、<path> ファイルとして CD-ROM 上のキックスタートファイルを検索します。
ks
ks を単独で使用する場合、インストールプログラムは DHCP を使うようにイーサネットカードを設定します。キックスタートファイルは、DHCP オプションのサーバー名で指定した NFS サーバーから読み込まれます。キックスタートファイルの名前は、以下のいずれかになります。
  • DHCP が指定されていて、ブートファイルが / で始まる場合、DHCP で提供されたブートファイルは NFS サーバー上で検索されます。
  • DHCP が指定してあり、ブートファイルが / 以外で始まる場合、DHCP で提供されたブートファイルは、NFS サーバー上の /kickstart ディレクトリ内で検索されます。
  • DHCP がブートファイルを指定していない場合、インストールプログラムは /kickstart/1.2.3.4-kickstart ファイルを読み込もうとします。この 1.2.3.4 とは、インストール先のマシンの数値の IP アドレスを示すものです。
ksdevice=<device>
インストールプログラムはこのネットワークデバイスを使用して、ネットワークに接続します。次の 5 つのいずれかの方法でデバイスを指定できます。
  • eth0 などインターフェースのデバイス名です。
  • インターフェースの MAC アドレスを使って指定します (00:12:34:56:78:9a など)。
  • link キーワードを使って指定する (リンクが up 状態になっている 1 番目のインターフェース)
  • bootif キーワードを使って指定する、(pxelinux により BOOTIF 変数内に設定される MAC アドレスになります。pxelinux.cfg ファイルで IPAPPEND 2 を設定し、 pxelinux により BOOTIF 変数が設定されるようにします。)
  • キーワード ibft を使用します、これにより iBFT で指定されたインターフェースの MAC アドレスを使用することになります。
例として、eth1 デバイスを通じて NFS サーバーに接続しているシステムを考えてみましょう。NFS サーバーからのキックスタートファイルを使用して、このシステム上でキックスタートインストールを実行するには、boot: プロンプトで、コマンド ks=nfs:<server>:/<path> ksdevice=eth1 を使用します。
kssendmac
ks=http:// 要求に HTTP ヘッダーを追加します。これは provisioning システムに役に立ちます。"X-RHN-Provisioning-MAC-0: eth0 01:23:45:67:89:ab" 形式の CGI 環境変数内にすべての nic の MAC アドレスが含まれます。
lang=<lang>
インストールで使用する言語です。これは 'lang' キックスタートコマンドと共に使用するのに有効な言語でなければなりません。
loglevel=<level>
メッセージログの必要最低レベルを設定します。<level> 用の値には、debug、info、warning、error、critical があります。デフォルト値は info です。
mediacheck
ユーザーにインストールソース (ISO ベース方法の場合) の整合性をテストするオプションを与えるようにローダーコードをアクティベートします。
netmask=<nm>
ネットワークインストール用に使用する Netmask
nofallback
GUI が失敗した場合、終了します。
nofb
一部の言語で、テキストモードのインストールの実行に要求される VGA16 フレームバッファーをロードしません。
nofirewire
firewire デバイス用のサポートをロードしません。
noipv4
ksdevice ブートオプションで指定されるデバイス上での IPv4 ネットワークを無効にします。
noipv6
インストール時、およびインストールされたシステム上ですべてのネットワークデバイスにおける IPv6 ネットワーキングを無効にします。

重要

PXE サーバーからのインストール時に、IPv6 ネットワーキングは anaconda がキックスタートファイルを処理する前にアクティブになる可能性があります。その場合、このオプションはインストール時に全く影響を与えません。

注記

インストールされたシステムで IPv6 を無効にするには、noipv6 ブートオプションの他に、各ネットワークデバイス上で --noipv6 のキックスタートオプションを使用する必要があります。システムワイドでの IPv6 の無効化については https://access.redhat.com/ja/solutions/1565993 のナレッジベース記事を参照してください。
nomount
レスキューモードでは、インストールした Linux パーティションを自動的にマウントしません。
nonet
ネットワークデバイスを自動検出しません。
noparport
パラレルポート用サポートのロードを試行しません。
nopass
キーボードとマウスに関する情報を anaconda ステージ 1 (ローダー) からステージ 2 (インストーラー) に渡しません。
nopcmcia
システム内の PCMCIA コントローラーを無視します。
noprobe
自動的にハードウェアを調べません。anaconda がハードウェアの特定のカテゴリーを探すことができるようユーザーにプロンプトを出します。
noshell
インストール中に tty2 上でシェルを出しません。
repo=cdrom
DVD ベースインストールを実行します。
repo=ftp://<path>
FTP インストール用に <path> を使用します。
repo=hd:<dev>:<path>
ハードドライブからのインストール用に <dev> 上の <path> を使用します。
repo=http://<path>
HTTP インストール用に <path> を使用します。
repo=https://<path>
HTTPS インストール用に <path> を使用します。
repo=nfs:<path>
NFS インストール用に <path> を使用します。
rescue
レスキュー環境を実行します。
resolution=<mode>
指定したモードでインストーラーを実行します。例: '1024x768' 。
serial
シリアルコンソールサポートを開始します。
skipddc
モニターの Data Display Channel (DDC) を探しません。このオプションは、DDC プローブによりシステムが応答しなくなった場合の対処方法です。
syslog=<host>[:<port>]
インストールを起動した後に、ログメッセージを <host> 上 (オプションとして、ポート <port> 上) の syslog プロセスに送ります。リモート syslog プロセスが接続を許可する必要があります。(-r オプション)。
text
テキストモードインストールを強制します。

重要

キックスタートインストールでテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブートローダー、およびパッケージ選択オプションについての選択肢を指定してください。これらの手順はテキストモードでは自動化されており、anaconda では不足している情報をユーザーに要求することはできません。これらオプションの選択肢が指定されないと、anaconda はインストールプロセスを停止します。
updates
更新 (バグ修正) を含むストレージデバイス用のプロンプトです。
updates=ftp://<path>
FTP 経由の更新を含むイメージ
updates=http://<path>
HTTP 経由の更新を含むイメージ
updates=https://<path>
HTTPS 経由の更新を含むイメージ
upgradeany
/etc/redhat-release ファイルのコンテンツや、それが存在するかどうかに関わらず、システム上で検出したすべての Linux インストールをアップグレードします。
vnc
vnc ベースのインストールを有効にします。vnc クライアントアプリケーションを使用して、そのマシンに接続する必要があります。
vncconnect=<host>[:<port>]
<host> と呼ばれる vnc クライアントに接続して、オプションでポート <port> を使用します。
'vnc' オプションの指定も要求されます。
vncpassword=<password>
vnc 接続用のパスワードを有効にします。これは誰かが間違えて vnc ベースのインストールに接続するのを防止します。
'vnc' オプションの指定も要求されます。