Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.3. yaboot インストールサーバーを使ったネットワークからの起動

yaboot インストールサーバーを使って起動する場合には、 サーバーが正しく設定されていなければなりません。 また、 インストールサーバー対応のコンピューターにネットワークインターフェースが必要になります。 インストールサーバーの設定方法については 30章インストールサーバーの設定 を参照してください。
SMS メニューで ブート・オプションの選択 (Select Boot Options)インストール・デバイスまたはブート・デバイスの選択 (Select Boot/Install Device) の順で指定して、コンピューターがネットワークインターフェースから起動するよう設定してます。 使用可能なデバイス一覧からネットワークデバイスを選択します。
インストールサーバーからの起動を正しく設定したら、 コンピューターは他にメディアがなくても Red Hat Enterprise Linux インストールシステムを起動できるようになります。
yaboot インストールサーバーからコンピューターを起動するには、
  1. ネットワークケーブルが接続されていることを確認します。 コンピューターの電源スイッチは入っていない状態であっても、 ネットワークソケットのリンク表示ライトは点灯しているはずです。
  2. コンピューターのスイッチをオンにします。
  3. メニュー画面が表示されます。 目的のオプションに相当する番号キーを押します。
PC がネットワークインストールサーバーから起動しない場合は、 適切なネットワークインターフェースが起動順の 1 番目に設定されているか SMS を確認してください。 詳細についてはそのハードウェアのマニュアルを参照してください。